お役立ちコラム

2023/12/12

コウモリは触ったらダメ!危険な理由や対処法をご紹介

「コウモリは触っても大丈夫?」と気になる方もいるでしょう。
実際、コウモリはむやみに触れてはいけない動物と言われています。

そこで今回は、コウモリに触ってはいけない理由について詳しくご紹介します。
コウモリに触れた際の正しい対処法や注意点が気になる方は、本記事を参考にしてください。

コウモリは触ったらダメ!危険な理由や対処法をご紹介

コウモリに触ったらダメな理由

コウモリに触ったらダメと言われる理由は、主に以下のとおりです。

・病原菌を多く持っている
・海外では死亡事故が起きている

それぞれについて詳しく説明します。

病原菌が付着している

コウモリのからだには、ねずみのように細菌や寄生虫などの多くの病原菌がついています。
コウモリに触れたことで引き起こると考えられる感染症は、以下のとおりです。

・ヒトプラズマ症
・エボラ出血熱
・狂犬病

海外では死亡事故が起きている

海外ではコウモリによる死亡事故が起きています。
コウモリに近づいた際に、噛まれたことが原因です。
コウモリに噛まれたり唾液が傷口に付着したりすると、狂犬病を発症します。

狂犬病は犬の伝染病ですが、コウモリも媒介します。
狂犬病を発症した際の死亡率はほぼ100%と言われており、たいへん恐ろしい感染症です。

日本では狂犬病予防のワクチン接種が義務付けられていることや死亡事故を起こした種類のコウモリが生息していないことなどから、コウモリによる死亡事故は起きていません。

しかし、多くの感染症や病原菌をもつコウモリには、触れないよう注意するのがベストです。

コウモリに触った際の正しい対処法

もしコウモリに触ってしまった場合は、以下の手順で対処しましょう。

➀他の場所に触れないよう気を付けながら移動する
➀石鹸でよく手を洗う
➁アルコール消毒で殺菌する

コウモリに触れた手には、多くの病原菌が付着している可能性があります。
その手でほかの場所に触れてしまうと、どんなに手を洗っても知らず知らずのうちに再度付着している可能性が高いです。

汚染場所を増やさないためにも、コウモリを触った手でものに触れるのは控えましょう。
洗浄時は、石鹸を使って指先や爪のなかもしっかりと洗います。

アルコールで殺菌するのも忘れずに!
コウモリに触れた手でドアを開けた場合は、ドアノブなどもアルコール消毒をしておくと安心です。

コウモリの取り扱い注意点3つ

コウモリを取り扱う際の注意点は、主に以下の3つです。

・自己判断で殺してはいけない
・コウモリの糞を放置しない
・素手で触らない

それぞれの注意点を詳しくご紹介します。

自己判断で殺してはいけない

コウモリの殺傷処分は、鳥獣保護管理法で禁じられています。
鳥獣保護管理法とは、鳥獣などの保護を目的として国によって定められた法律です。

たとえば、以下の行為は罰金に処されます。

・害虫スプレーで処分する
・部屋に閉じ込めて処分する

コウモリを自己判断で殺処分すると、1年以下の懲役または100万円以下の罰金となる場合もあります。(※1)
コウモリが家に住みついた場合は無理に処分せず、以下の方法で対処しましょう。

・ハッカの香りで追い払う
・燻煙剤を撒く
・超音波発生器を使う

コウモリはハッカの香りが苦手とされています。
ハッカの香りのスプレーを侵入口や住かに撒いたり、香りをしみ込ませたアイテムを置いておいたりすると良いでしょう。
追い払ったあとは、侵入口を塞いでおくのも大切です。

コウモリの糞を放置しない

コウモリの糞にも注意しましょう。
コウモリの糞は5~10mmの黒く細長いかたちをしています。

糞は乾燥状態のため風に乗って飛ばされやすく、広がりやすいのが特徴です。
糞には菌がひそんでいたり、カビが生えていたりします。

また、糞に汚染された空気を吸ってしまうと、アレルギーなどの疾患を引き起こす危険があります。
コウモリを見つけたら糞がないか確認し、糞を放置しないよう気をつけましょう。
糞を処分する際は、糞に汚染された空気を吸わないよう、マスクを装着して掃除するのがおすすめです。

素手で触らない

コウモリや糞を処分する際、素手で触るのは危険です。
病原菌を持っていた場合、感染症を引き起こす可能性があります。

直接触るのは避け、手袋を着用しましょう。
手袋を処分する際は、コウモリに触れた部分に触らないよう注意してください。

まとめ

「コウモリは触っても大丈夫?」と気になる方もいるでしょう。
実際、コウモリはむやみに触れてはいけない動物と言われています。

今回は、コウモリに触ってはいけない理由について詳しく紹介しました。
本記事や他の文献も参考に、野生動物に対する正しい理解と対処法を身に着けておきましょう。

※1:環境省 鳥獣保護管理法

害獣駆除は808シティにお任せください

808シティ株式会社 代表取締役社長

足立雅也

大手害虫駆除業者で様々な害虫駆除を体得し、その技術を競う全国大会で優勝実績を持つ。
現場で作業にとどまらず、関連する協会や学会の役員を務めるなど、業界活動にも意欲的で、数々の講義・講演を行っている。

関連記事

  • ハクビシンが嫌がる音とは?すぐに実践できる撃退方法も紹介!ハクビシンが嫌がる音とは?すぐに実践できる撃退方法も紹介! ハクビシンとは? ハクビシンとは、白い鼻筋が特徴のタヌキに似たネコ科の動物です。山林の木の上で生活しており、沖縄をのぞくほぼ全国にいることが確認されています。体長は約50〜70cmほどで、胴体と同じくらい長い尻尾が特徴です。 果物を好んで食べる動物ですが、昆虫やネズ […]
  • 【放置は危険!】自分でできるネズミ退治法おすすめ6選【放置は危険!】自分でできるネズミ退治法おすすめ6選 屋根裏から何かの走る音がしたり、家の中に置いていた物が勝手になくなっていたりしたら、それはネズミの仕業かもしれません。少しでもおかしいと感じたら、まずは自分でできるネズミ退治をやってみましょう。 この記事では自分でできるネズミ退治の6つの方法と、退治後の後始末についてご紹 […]
  • 害虫駆除の薬剤を使う前に!? プロが教える注意点害虫駆除の薬剤を使う前に!? プロが教える注意点 害虫駆除の薬剤散布は、確かに効果的な手段の一つですが、使用する前には知っておくべき重要なポイントがあります。 この記事では、業務用から家庭用まで幅広い製品が市場に溢れる中で、どの害虫駆除薬剤がおすすめなのか、そしてその理由と安全に使用するための注意点について、プロの視点から解 […]
  • 害虫駆除は冬がおすすめ!冬に害虫が出た場合の駆除方法害虫駆除は冬がおすすめ!冬に害虫が出た場合の駆除方法 冬は夏に比べて虫の活動量が減ります。とはいえ「冬は害虫対策をしなくてもよい」わけではありません。むしろ冬は害虫駆除におすすめの時期なんです。さらに、越冬するタイプの害虫は暖かい場所を求めて住宅に侵入し、大量発生する恐れもあります。家の中で害虫が増えると不衛生になるだけでなく、害 […]
  • シバンムシとはどんな虫?予防方法や駆除方法について徹底解説シバンムシとはどんな虫?予防方法や駆除方法について徹底解説 家の中に生息する「シバンムシ」という虫の名前を聞いたことがあるでしょうか。 赤茶色をした小さなゴマのような虫で、そのままにしておくと台所や畳のある部屋などに大量発生して、人体や家具などに被害をあたえてしまいます。 この記事では、シバンムシを駆除するための予防方法や駆 […]
  • 畳に発生する黒い虫の正体とは?発生原因と効果的な対策について畳に発生する黒い虫の正体とは?発生原因と効果的な対策について 畳に小さな黒い虫が発生することがあります。 あの虫が何なのか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか? 畳に発生する黒い虫は人体には無害なものが多いですが、放置していると、どんどん数が増えて畳に穴が空くなどの被害が生じるおそれがあります。 被害を防ぐためにも、黒い […]
東京・神奈川・埼玉を中心とした害虫駆除・鳥獣対策は808シティにお任せください

area対応エリア

東京・神奈川・埼玉を中心とした関東圏から、
大阪を中心とした関西圏など、広域にわたって対応しております。
どの地域の方も、まずはご相談ください。

関東圏
東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、静岡、山梨

関西圏
広島、岡山、兵庫、大阪、京都、奈良、滋賀、三重、和歌山

九州圏
福岡、佐賀、大分、長崎

現地調査・無料見積のご依頼・ご相談

tel.03-6417-1153受付時間 9:00-18:00
pagetop