お役立ちコラム

2022/09/23

コバエがどこからくるか分からない!発生源の見つけ方とは?

いつの間にか部屋に発生している「コバエ」。
コバエが一体どこからやってくるのか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
彼らは非常に小さいため、ちょっとしたすき間があればどこからでも侵入してきます。
また、腐食物を好むため、生ごみや食べ残しなどを放置すると発生源になってしまいます。

効果的な対策を行うには、侵入経路や発生源を知ることが重要です。
この記事では、コバエがどこからくるのか・効果的な対策について分かりやすく解説します。

コバエがどこからくるか分からない!発生源の見つけ方とは?

コバエはどこからくる?

小さなハエにはいくつかの種類があり、それらの全体が「コバエ」と呼ばれます。
では、彼らは一体どこからくるのでしょうか?
ここでは、4種類のコバエの発生源について解説します。

ショウジョウバエ

「ショウジョウバエ」は体長が2mmほどで、全体的に丸みを帯びた体をしており、目が赤いのが特徴です。
生ごみに発生するため、三角コーナーなどがあるキッチンでよく見かけます。
発酵食品にたかることが多く、腐った果物・アルコール・酢なども好みます。

ノミバエ

「ノミバエ」は体長が2mmほどで、長い後ろ足と丸まった背中が特徴です。
非常に素早く、ノミによく似ているためノミバエと呼ばれています。
キッチンやごみ箱の周辺で発生することが多いほか、非常に小さなすき間からでも室内に侵入できるため要注意です。
また、生ごみや腐った動植物を好み、肉類に潜り込んで卵を産み付けることもあります。

キノコバエ

「キノコバエ」は体長が2~4mmほどで、体色は黒みを帯びた灰色です。
コバエの中では比較的細長い体型をしています。
腐った植物や観葉植物の土に生えるキノコなどを主なエサとしており、観葉植物の腐葉土に卵を産み付けるため、観葉植物のあるリビングなどで見かけることが多いです。

また、日当たりが悪く湿気が多い場所に植木鉢を置いていると、野外でも発生します。

チョウバエ

「チョウバエ」は、体長が1~5mmほどと、他の種類のコバエに比べて体が大きいのが特徴です。
体の表面を覆う毛によって蝶に見えるため、チョウバエと呼ばれています。
体色は灰色や黒で、大きな羽を持っています

チョウバエの多くの種は湿地帯や池沼などに生息していますが、一部の種は人家の風呂場や排水口周り・下水管などに溜まっているヘドロを養分として発生します。

効果的なコバエ対策

コバエの発生や侵入を防ぐには次の4つの方法が効果的です。
ひとつずつ見ていきましょう。

生ごみを処分する

コバエは生ごみを好みます。
そのため、生ごみを放置していると、臭いを感知したコバエが近寄ってきます。
三角コーナーなどに溜まった生ごみは、フタ付きのごみ箱に入れるか、ごみ袋に入れて密閉しましょう。

ごみ出しの日まで密閉状態にしていれば、コバエの発生を防止できます。
袋は臭いが漏れないタイプのものを使用し、生ごみを袋に入れる前にはしっかりと水切りを行います。

食べ残し・飲み残しを放置しない

食べ残し・飲み残しは格好のエサになるため、放置しているとコバエを呼び寄せてしまいます。
また、ショウジョウバエのようにアルコールを好むコバエもいるため、ビールなど酒類の空き缶は水ですすいだ上で捨ててください。

水回りを清掃する

コバエは水にも寄ってくるため、水回りをしっかり清掃することが大切です。
キッチン・風呂場・トイレなどをしっかり清掃しましょう。
特に排水口にヘドロが溜まるとコバエの発生原因になるため、念入りに清掃してください。

侵入口になるすき間を減らす

コバエは小さなすき間があれば、家の中に侵入してきます。
侵入を防ぐには、侵入口になる可能性がある小さなすき間を減らすことが重要です。
窓やドアのすき間にテープを貼ったり、網目の細かい網戸に交換したりして侵入を防ぎましょう。

また、換気扇や換気口に網を取り付けるのも効果的です。

まとめ

以上、コバエがどこからくるのかについて解説しました。

コバエは生ごみ・食べ残し・水などを好むため、日頃から小まめに清掃を行い清潔な環境を保つことが大切です。
観葉植物の土に卵を産み付けるコバエに対しては、定期的な土の交換が対策になるでしょう。

また、コバエは小さなすき間があればどこからでも侵入してくるため、できる限り家のすき間を減らしてください。
窓やドアのすき間にテープを貼ったり、目の細かい網戸に交換したりするのがおすすめです。
万全の対策を行って、コバエの発生を防いでくださいね。

もし自分ではコバエが手に負えない場合は、経験豊富な業者に駆除を依頼しましょう。

「808シティ株式会社」は、東京・神奈川・埼玉で害虫駆除・鳥獣対策を行っております。
安心安全な施工方法・柔軟な料金設定・豊富な情報に基づいた高い技術で、お客様にご満足いただけるサービスを提供いたします。
害虫被害でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

害虫駆除は808シティにお任せください

808シティ株式会社 代表取締役社長

足立雅也

大手害虫駆除業者で様々な害虫駆除を体得し、その技術を競う全国大会で優勝実績を持つ。
現場で作業にとどまらず、関連する協会や学会の役員を務めるなど、業界活動にも意欲的で、数々の講義・講演を行っている。

関連記事

  • 害虫駆除の薬剤を使う前に!? プロが教える注意点害虫駆除の薬剤を使う前に!? プロが教える注意点 害虫駆除の薬剤散布は、確かに効果的な手段の一つですが、使用する前には知っておくべき重要なポイントがあります。 この記事では、業務用から家庭用まで幅広い製品が市場に溢れる中で、どの害虫駆除薬剤がおすすめなのか、そしてその理由と安全に使用するための注意点について、プロの視点から解 […]
  • ゴキブリが嫌いなもので効果的な対策を!環境・食べ物・臭いがポイントゴキブリが嫌いなもので効果的な対策を!環境・食べ物・臭いがポイント 多くの方が苦手とする「ゴキブリ」。 どうやって家のゴキブリ対策をしようかと、お悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか? ゴキブリ対策では「ゴキブリが嫌いなもの」を利用するのがおすすめです。 ゴキブリが嫌いなものとしては ・明るい場所 ・塩 ・ハーブ などが […]
  • ネズミ駆除は超音波で可能?メリットやデメリットは?ネズミ駆除は超音波で可能?メリットやデメリットは? 「ネズミが家のお米や野菜を食べて困っている」「ネズミを駆除しても、また家に入られてしまう」など、ネズミによる被害で困っている方は少なくありません。 ネズミの対策にはいろいろな方法がありますが、今回紹介するのは超音波によるネズミ駆除です。 「超音波って効果はあるの?」と疑問を […]
  • 壁の中のネズミを退治!ラットサインと対策方法壁の中のネズミを退治!ラットサインと対策方法 壁の中からカサカサ音がする!それはもしかしたらネズミかもしれません。ネズミは安全で暖かい壁の中を生活の拠点にすることがあります。放っておくとネズミが壁の中で巣を作って大量発生したり、ネズミの排泄物で不衛生になったりしてしまいます。 壁の中は手が届きづらく対策をしにくい場所です […]
  • ゴキブリを食べるクモの種類とは?益虫?危険?疑問に答えます!ゴキブリを食べるクモの種類とは?益虫?危険?疑問に答えます! 「クモはゴキブリなどの害虫を食べてくれるから、駆除しなくていい」と言われることがあります。 これは本当なのでしょうか? 気になっている方もいらっしゃると思います。 結論から言いますと、部分的には本当です。 ただし、全てのクモがゴキブリを食べるわけではありません。 […]
  • ネズミは自然にいなくなる?ならない?放置の危険と対策法ネズミは自然にいなくなる?ならない?放置の危険と対策法 ネズミが家に住みついた場合、自然にいなくなることはあるのか気になるという方も多いのではないでしょうか。 残念ながら、ネズミが自然にいなくなることはほとんどありません。また、ネズミを放置していると、実はいろんな危険と隣り合わせになっていることはご存じでしょうか。 この記事 […]
東京・神奈川・埼玉を中心とした害虫駆除・鳥獣対策は808シティにお任せください

area対応エリア

東京・神奈川・埼玉を中心とした関東圏から、
大阪を中心とした関西圏など、広域にわたって対応しております。
どの地域の方も、まずはご相談ください。

関東圏
東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、静岡、山梨

関西圏
広島、岡山、兵庫、大阪、京都、奈良、滋賀、三重、和歌山

九州圏
福岡、佐賀、大分、長崎

現地調査・無料見積のご依頼・ご相談

tel.03-6417-1153受付時間 9:00-18:00
pagetop