お役立ちコラム

2023/11/23

マンションのゴキブリはどこから入ってくる?ゴキブリの侵入口と対策を解説

マンションの高い階にゴキブリが出現したという話を聞いたことがあります。
このゴキブリはいったいどこからどうやって侵入してきたのでしょうか。

ゴキブリはマンションの高い階にいても残念ながら出現します。
そのため、どの階に住んでいてもマンションのゴキブリ対策は必要でしょう。

そこで、この記事では、ゴキブリの侵入経路や浸入防止策などについて解説します。
ぜひご一読ください。

マンションのゴキブリはどこから入ってくる?ゴキブリの侵入口と対策を解説

マンションへの侵入口

滑り止めがある脚を持つので、マンションの上の階まで平気で登ってくるものです。
そして、ゴキブリは主に次の5つの場所から部屋の中に侵入してきます。

1.小さな隙間

大人のゴキブリなら5ミリメートル以上、子供のゴキブリなら3ミリメートル以上の穴があれば、ゴキブリは簡単に侵入してきます。
小さな隙間は具体的には以下のものです。

換気扇

マンションの換気扇はプロペラタイプとレンジフードタイプとがあります。

プロペラタイプ

屋外に面する壁に直接取り付けられ、プロペラが回っていない時は大きな隙間ができてしまうので、ゴキブリが堂々と入ってきます。
対策として、いつも換気扇を回し、カバーなどで覆いましょう。

レンジフードタイプ

板状の羽根が筒状になっているファンとフィルターを通らなければならないため、ゴキブリの侵入が困難です。

エアコンのドレンホースの中

エアコン内部にたまった水を外に出すための排水ホースです。
家の外からゴキブリがドレンホースの中を通って侵入してくることがあります。
対策として、防虫キャップなどをつけるようにしましょう。

エアコンの配管を通す壁穴

ゴキブリが壁穴の隙間から入ってくることがあります。
対策として、パテで隙間をふさぎましょう。

排水管と床の間の隙間

キッチンなどの下にある排水管と床の間に隙間があれば、ゴキブリの侵入口となります。
対策として排水管と床の間の隙間はパテで埋めましょう。

2.玄関

ゴキブリは、玄関のドアのすき間などから侵入する場合もあるようです。
玄関の隙間としては以下のものがあります。

玄関の扉の隙間

古くなって玄関の扉が歪んだため、隙間ができることがあります。
対策として、隙間は、隙間テープで塞ぎます。

玄関のドアの郵便受け

郵便受けが玄関ドアと一体になっている場合、封書などがポストに差し込まれて隙間ができるので、その隙間からゴキブリが侵入することがあります。

対策として、「郵便物は、ポストの奥に押し込んでください」といった張り紙などをしておくとよいでしょう。

玄関のドアを開けたとき

玄関のドアを開けたままにしていると、ゴキブリが入ってきます。
対策として、玄関のドアは開けっ放しにしないようにしましょう。

3.窓

ゴキブリは、窓の網戸やサッシの隙間から侵入することがあります。
網戸の両端にあるモヘアが劣化したために隙間ができるためです。
対策として、隙間は隙間テープで塞ぎます。

また、窓を開けた時は常に網戸を閉めてキブリの侵入を防ぎましょう。

4.排水口

台所やお風呂の排水口もゴキブリの侵入口となることがあります。

排水トラップが破損していたり、長時間家を空けていて水が蒸発したりすると、ゴキブリは楽に入ってきます。

対策として、排水口にゴミ受けを付けておくとよいでしょう。

5.宅配便や観葉植物の鉢

運ばれてきた観葉植物の鉢の土の中や宅配物の段ボール箱などに付着したゴキブリが侵入していることもあります。

対策として、宅配便などは、よく確認してから家の中に入れましょう。
また段ボールなどは早めに処分し、ため込まないことです。

ゴキブリの侵入を防ぐ対策

以下の対策をとって、マンションへのゴキブリの侵入を防ぎましょう。

1.通気口・換気扇にフィルターやカバーをつける

特にプロペラ式の換気扇はすき間があるので、換気扇カバーをつけるようにしましょう。

2.パテで隙間をふさぐ

エアコンの配管を通している壁穴の隙間や、排水管と床の間の隙間はパテで埋めます。

3.排水口にゴミ受けを付ける

目の細かいゴミ受けを、浴室、キッチン、洗面台、お風呂の洗い場にある排水口に付けましょう。

4.薬剤を仕掛ける

ゴキブリを撃退する薬剤には以下の2つがあります。

くん煙剤

家の中の広い範囲に薬剤が行きわたるのがメリットですが、古いマンションなどでは、近くの部屋にくん煙が漏れるというデメリットがあります。
また、近くの部屋にペットが飼われている場合、くん煙剤の影響で死んでしまうことがあるので注意が必要です。

毒餌

置いておくだけであり、準備が不要で、隣近所の住民やペットを気にする必要もありません。

まとめ

この記事では、どこからゴキブリがマンションに入って来るのかや、浸入対策などについて解説してきました。

マンションのゴキブリ対策は、他人まかせにはできず、自分の手で対処しなければなりません。
この記事を参考にして、1日も早くゴキブリ対策を講じることとしましょう。

すき間は完全に塞がなければなりませんし、キッチンなどの水場は常にきれいにしておく必要があります。
何よりも毎日掃除をして、部屋の中を清潔に保つことは必須です。

しっかりした対策を講じて、1日も早くゴキブリと無縁のマンション暮らしを実現しましょう。

ゴキブリ駆除は808シティにお任せください

808シティ株式会社 代表取締役社長

足立雅也

大手害虫駆除業者で様々な害虫駆除を体得し、その技術を競う全国大会で優勝実績を持つ。
現場で作業にとどまらず、関連する協会や学会の役員を務めるなど、業界活動にも意欲的で、数々の講義・講演を行っている。

関連記事

  • 小さい蟻が大量発生する原因?その驚きの理由小さい蟻が大量発生する原因?その驚きの理由 小さい蟻の大量発生は多くの人にとって頭の痛い問題です。 しかし、この現象の背後には、生態系のバランス、人間の生活環境、気候変動といった、様々な要因が複雑に絡み合っています。 この記事では、小さい蟻の大量発生の原因や、その対策について掘り下げてみましょう。 蟻が […]
  • 日本でよく見かけるムカデの種類は?噛まれたときの症状や室内への侵入を防ぐ方法も解説日本でよく見かけるムカデの種類は?噛まれたときの症状や室内への侵入を防ぐ方法も解説 ムカデは3000種類以上生息している ムカデの種類は非常に多く、世界に約3000種類以上のムカデが生息しているといわれています。ムカデは暖かい場所を好み、春から秋にかけて活発に活動します。 ムカデの寿命は6~10年で、生命力も強いです。生きている間に10回以上脱皮を […]
  • ネズミ対策に「蚊取り線香」!その効果と徹底した対策法ネズミ対策に「蚊取り線香」!その効果と徹底した対策法 ネズミ退治用に、お店ではさまざまな商品が売られていますよね。どれを選んだらいいのか迷ってしまいますが、実はみなさんの家にある身近な「蚊取り線香」でとりあえずのネズミ対策を行うことができます。 今回は、蚊取り線香がネズミ対策に効果的な理由と、ネズミの習性や好む場所と共に、ネズミ […]
  • 【危険】コウモリのフンは住宅の腐敗や感染症の原因に!掃除方法は?【危険】コウモリのフンは住宅の腐敗や感染症の原因に!掃除方法は? 人間の近くに住むことの多い「コウモリ」。お住まいの地域によっては、よく目にする方も多いでしょう。ただ飛び回っているだけなら問題ありませんが、住宅に住み着いているなら大問題です。コウモリのフンは、悪臭の原因になるだけでなく、住宅を腐敗させる他、狂犬病などの感染症リスクもあります。 […]
  • 害虫が出やすいマンションの特徴は?今すぐできる害虫対策も紹介!害虫が出やすいマンションの特徴は?今すぐできる害虫対策も紹介! マンションによく出る害虫の種類 まずは、マンションに沸く害虫の種類を紹介します。マンションの部屋に出やすい害虫は、以下の5種類です。 ・ゴキブリ ・ハエ ・チャタテムシ ・蚊 ・カメムシ すべての害虫とマンションの室内で遭遇するわけではありませんが、マ […]
  • 新聞紙など紙類につく虫(チャタテムシ・紙魚)への対策4選新聞紙など紙類につく虫(チャタテムシ・紙魚)への対策4選 害虫の中には新聞紙などの紙類を好み、エサとしているタイプが存在します。 古い新聞紙などを溜め込んでいると、いつの間にか虫が大量発生してしまうことにもなりかねません。 紙類を主なエサとする害虫への対策は盲点になりやすく、被害を防ぐには、虫の生態や効果的な対策について知るこ […]
東京・神奈川・埼玉を中心とした害虫駆除・鳥獣対策は808シティにお任せください

area対応エリア

東京・神奈川・埼玉を中心とした関東圏から、
大阪を中心とした関西圏など、広域にわたって対応しております。
どの地域の方も、まずはご相談ください。

関東圏
東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、静岡、山梨

関西圏
広島、岡山、兵庫、大阪、京都、奈良、滋賀、三重、和歌山

九州圏
福岡、佐賀、大分、長崎

現地調査・無料見積のご依頼・ご相談

tel.03-6417-1153受付時間 9:00-18:00
pagetop