お役立ちコラム

2023/03/30

カツオブシムシの幼虫を駆除する方法と予防法について

知らないうちに家の中に侵入しているカツオブシムシ。
そのまま放置していると衣類を食べてしまうことがあります。
大事な洋服が着られなくなる可能性もあるため、事前に対処方法を理解しておきましょう。

本記事ではカツオブシムシの概要と侵入方法、予防法を紹介します。

カツオブシムシの幼虫を駆除する方法と予防法について

カツオブシムシとは?もたらされる被害

カツオブシムシとは、2.5ミリ程度の甲虫ですが、幼虫が衣類を食べてしまう害虫です。
名前の通り、鰹節が好物です。
「ヒメマルカツオブシムシ」と「ヒメカツオブシムシ」の2種類が日本で生息しており、毒などはありません。

寿命は1か月から1か月半ほどですが、その期間に30〜70個程の卵を生みます。
そのため1匹でもカツオブシムシがいると、衣類などに大きなダメージを与えてしまいます。
気が付かないうちに、「服に穴が開いていた」という経験をしたことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

カツオブシ虫は自宅のタンスやクローゼット、ベッドなどに発生し、衣類を食べてしまいます。
さらに梱包されている食べ物の袋を食いちぎり、購入するケースもあります。
そのためカツオブシムシの対処方法は理解しておくべきでしょう。

どこから侵入してくるのか?

対処法を紹介する前に、カツオブシムシが侵入してくる要因を理解しておきましょう。
主に以下の3つが挙げられます。

洗濯物の付着する

特に白い衣類に寄ってきやすいカツオブシムシは、洗濯物にくっついて侵入することがあります。
特に日が出ている時間帯に活動します。洗濯物を干すタイミングとかぶるため、気が付かないうちに家の中に侵入していることが多いです。

外出先の服についてくる

外出先で服についている可能性も高いです。
特に公園やフラワーパークなど、花が草木が多い地域に生息しているため、気が付かないうちに服についていることも多いです。
特に白い服をきて外出する際は注意が必要です。

庭や花壇から侵入する

自宅で花など花壇がある方は注意が必要です。
花粉や蜜を好むため、カツオブシムシは花や草木に生息します。
知らないうちに窓から侵入し、家の中にいることも多いです。
特にキク科を好む傾向にあるため、花壇に植える花はしっかり選ぶようにしてください。

カツオブシムシが発生してしまったら

カツオブシムシが発生してしまったら以下の方法で駆除しましょう。

殺虫剤を使用する

ホームセンターなどで販売されている殺虫剤で駆除できます。
殺虫剤にはエアゾールと燻製殺虫剤があります。

エアゾールはスプレー状であるため、部分的な使用となりますが、燻製殺虫剤は薬剤を煙状にするため、空間のカツオブシムシを死滅させることができます。
クローゼットなどで使用する場合におすすめです。

高温の熱を与える

カツオブシムシは65度以上の熱に耐えられないため、アイロンをかけて駆除することが可能です。
さらにコインランドリーなどの高熱乾燥機なども有効です。
衣類によっては熱によって変色・変形する素材もあるため、確認してから熱で駆除しましょう。

光る捕獲機を設置する

光る捕獲機を利用することで、カツオブシムシの成虫を捕まえることができます。
光に集まる習性を利用し、クローゼットの中などに設置することで、捕獲できます。
ただし幼虫は光に反応しないため駆除できないデメリットがあります。
さらに違う虫も寄ってくる可能性もある点は理解しておきましょう。

専門業者に依頼する

専門業者に依頼することで、自宅のカツオブシムシを駆除してくれます。
費用は各業者によって異なりますが、1万円前後が多いです。
もちろん施工範囲によって費用は異なります。
事前に確認しておきましょう。

被害にあわないための予防法

カツオブシムシの被害にあわないためには、以下の予防法を行っておきましょう。

定期的に燻製殺虫剤を使用する

燻製殺虫剤はカツオブシムシの幼虫を駆除してくれます。
費用も1,000円前後で購入できるため、定期的に使用することで予防できます。

防虫剤や防虫シートを活用する

防虫剤や防虫シートをクローゼットなどの中に置いておくことで、カツオブシムシを寄せ付けません。
駆除できるわけではありませんが、クローゼットなどから離れていくため、衣類への影響を抑えることができます。

乾燥食品を密閉する

衣類などの他にも乾燥食品を食べてしまうため、プラスチックや缶などの固い製品で密閉することが予防できます。

適切な対策でカツオブシムシの被害を防ぎましょう

今回はカツオブシムシの概要と侵入方法、予防法を紹介しました。
衣類や乾燥物を好むカツオブシムシは、外出先などで服についてくることが多いです。

小さな甲虫であるため、目視で確認することが難しいうえ、知らないうちに侵入しています。
大事な衣類に穴が開いてしまうことにも繋がりかねないため、燻製殺虫剤や防虫剤、防虫シートなどを使って予防・駆除しておきましょう。

害虫駆除は808シティにお任せください

808シティ株式会社 代表取締役社長

足立雅也

大手害虫駆除業者で様々な害虫駆除を体得し、その技術を競う全国大会で優勝実績を持つ。
現場で作業にとどまらず、関連する協会や学会の役員を務めるなど、業界活動にも意欲的で、数々の講義・講演を行っている。

関連記事

  • ネズミとコウモリの糞の違いは?被害と駆除などの対策についてネズミとコウモリの糞の違いは?被害と駆除などの対策について ベランダや家の中に怪しいフンが落ちていると、不安になりますよね。 ネズミやコウモリは新築や古い建物に関係なく、居心地が良さそうな場所に寝床を作ったり、住み着いたりします。そのため、自分で簡単な対策を行うことが大事です。 それでも害獣が住み着いた場合は、できるだけ早く業者に駆 […]
  • ゴキブリ対策は冬がおすすめ!その理由と対策法をご紹介ゴキブリ対策は冬がおすすめ!その理由と対策法をご紹介 「ゴキブリが苦手で、対策に困っている」という方は多いのではないでしょうか?そんな、ゴキブリが苦手な方に朗報です。ゴキブリ対策を行うのに、実は冬がもっとも効果的ということをご存じですか? この記事では、なぜ冬のゴキブリ対策が効果的なのか、また冬にできるゴキブリ対策とはどんな対策 […]
  • 【危険】コウモリのフンは住宅の腐敗や感染症の原因に!掃除方法は?【危険】コウモリのフンは住宅の腐敗や感染症の原因に!掃除方法は? 人間の近くに住むことの多い「コウモリ」。お住まいの地域によっては、よく目にする方も多いでしょう。ただ飛び回っているだけなら問題ありませんが、住宅に住み着いているなら大問題です。コウモリのフンは、悪臭の原因になるだけでなく、住宅を腐敗させる他、狂犬病などの感染症リスクもあります。 […]
  • 家にコウモリを寄せ付けない方法を知りたい方へ!対処法・グッズ大全家にコウモリを寄せ付けない方法を知りたい方へ!対処法・グッズ大全 コウモリは、よく見ると可愛らしい外見をしていますが、私たち人間にとっては家に住み着くと糞害や騒音などのトラブルを引き起こす害獣でもあります。 そのため、快適な住環境を守るには、家にコウモリを寄せ付けないようにする対策が必要です。 ですが、コウモリに対してどう対応して良い […]
  • トコジラミが嫌う匂いとは?匂い以外の5つの対策もご紹介トコジラミが嫌う匂いとは?匂い以外の5つの対策もご紹介 トコジラミは、最近、日本国内で増えているといわれています。 手軽な方法でトコジラミの不安を解消できないものでしょうか。 トコジラミが苦手とされる匂いが、実はあります。 どのような匂いなのでしょうか。 匂いの他にも、トコジラミを駆除する方法はあるのでしょうか。 […]
  • 赤ダニ(タカラダニ)が部屋に!?発生原因と駆除方法を解説赤ダニ(タカラダニ)が部屋に!?発生原因と駆除方法を解説 家の内外で赤い小さな虫を見たことがありませんか?それは「赤ダニ」です。 「ああ、見たことある!」という方も多いと思います。赤ダニは屋外にいることが多いですが、時に部屋の中に入ってくることもあります。 見た目がちょっと気持ち悪いだけに、人体にどんな害があるのかも気になるところ […]
東京・神奈川・埼玉を中心とした害虫駆除・鳥獣対策は808シティにお任せください

area対応エリア

東京・神奈川・埼玉を中心とした関東圏から、
大阪を中心とした関西圏など、広域にわたって対応しております。
どの地域の方も、まずはご相談ください。

関東圏
東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、静岡、山梨

関西圏
広島、岡山、兵庫、大阪、京都、奈良、滋賀、三重、和歌山

九州圏
福岡、佐賀、大分、長崎

現地調査・無料見積のご依頼・ご相談

tel.03-6417-1153受付時間 9:00-18:00
pagetop