お役立ちコラム

2023/03/29

シバンムシとはどんな虫?予防方法や駆除方法について徹底解説

家の中に生息する「シバンムシ」という虫の名前を聞いたことがあるでしょうか。

赤茶色をした小さなゴマのような虫で、そのままにしておくと台所や畳のある部屋などに大量発生して、人体や家具などに被害をあたえてしまいます。

この記事では、シバンムシを駆除するための予防方法や駆除方法について解説します。

シバンムシとはどんな虫?予防方法や駆除方法について徹底解説

シバンムシとは

シバンムシは日本全土に約60種以上も存在しているといわれています。
特に害虫として有名なのが、「タバコシバンムシ」と「ジンサンシバンムシ」の2種類です。

「タバコシバンムシ」は体形が丸い楕円形で短い触角を持っています。
タバコを好んで食べるのが名前の由来で、畳に生息するシバンムシのほとんどはこの種類です。

「ジンサンシバンムシ」の方は高麗人参を好んで食べることからその名がつけられ、体形は細長い楕円形で弓のような触角を持ちます。

シバンムシはどうして発生するのか

4月から10月にかけてシバンムシは発生し、屋外の木などを住み家として寒い冬の時期は幼虫のままで過ごします。

玄関や窓の開閉のタイミングや、窓や網戸の隙間や換気口からシバンムシは侵入して、たちまち家の中で繁殖します。
また、宅配便の段ボールなどといっしょに部屋のなかに持ち込まれることもあります。

やがて大量発生し、好物の乾燥物の食品が入ったパッケージのビニールや紙袋を噛みちぎって中に入ってきます。

以下のものが好物です。

・【麺類】:そば、うどん、素麺、パスタ
・【穀物】:米、とうもろこし、小麦粉、パン粉、ホットケーキミックス
・【乾燥食品】:干し椎茸、スパイス、かつお節、ふりかけ、漢方薬
・【菓子類】:スナック菓子、焼き菓子、せんべい、パン
・【ペット食品】:ドッグフード、ペレットなどのドライフード

食品以外にも好物があります。

・【内装類】:畳、壁紙
・煙草(吸い殻も)
・標本、ドライフラワー
・段ボール、和紙、古本 など

シバンムシの人体への影響

シバンムシは蜂・蚊・ダニのように、皮膚を刺したり、病原菌を運んで感染させたりして直接的に人体に危害を加えるものではありません。
ところが、大型のシバンムシになると、かむ力が強くロアリのように木材を食べてしまうことがありますし、畳や家具をかじって穴をあけてしまうこともあります。

また、シバンムシの幼虫には、人を毒針で刺すことがあるアリガタバチという蜂の1種が寄生しています。
アリガタバチに刺されると、アナフィラキシーショックを引き起こしてしまうようです。

シバンムシの予防方法

シバンムシはビニールの袋を簡単に食いちぎってしまいます。
スーパーから持ち帰った袋の中の食材は、気密性の高いガラス・タッパー・缶などの保存容器にすぐに移しましょう。
冷蔵庫の中に食品を保存するのも効果的です。

また、シバンムシの住み家となっている冷蔵庫周り・キッチン・流しの下・食品棚・引き出しなどは、こまめに掃除することをおすすめします。
段ボールや雑誌、古本などもシバンムシのたまり場となりやすいので、できるだけ早めに処分するようにしましょう。
虫よけ効果のあるヒバ油も効果的ですし、人体に無害な天然成分で作られているので、家の中にまいておいても安全です。

シバンムシの駆除方法

掃除機などで吸い込むのが手っ取り早いシバンムシの退治方法です。
掃除機の紙パックの口を密閉して廃棄し、カートリッジなら中身を密閉袋に入れて捨てるようにしましょう。

また、発生源とみられる食材があったら、容器や包装を密閉したうえで丸ごと捨てるようにしましょう。

容器や包装の中にシバンムシの幼虫がいたり卵が付着していたりする場合もあります。
市販のスプレー殺虫剤を使えば、大量に駆除が可能ですし、置き型のヒバ油を通り道に仕掛けておくのも有効でしょう。

長期の旅行や出張などで長期間家を空けていた場合は、煙や霧タイプのくん煙剤を使って一気に駆除するのがおすすめです。
フェロモンで誘引して粘着トラップに呼び寄せる「フェロモントラップ」も効果があります。
畳にシバンムシが群がっている場合は、スプレー殺虫剤のノズルを畳に差し込んで噴射して駆除しましょう。

シバンムシを一気に撃滅するためには、畳専門店に依頼して畳熱風乾燥機を当てたり、害虫駆除専門会社に依頼して駆除をしてもらったりすることもあります。
畳を張り替えたり日干しにしたりするのも効果があるようです。

シバンムシのいない気持ちよい暮らしを

シバンムシの概要、人体や家具への影響、予防や駆除方法などがおわかりになったと思います。

シバンムシは、玄関の隙間や宅配便の段ボールなどにしのんでいつの間にか家の中に入り込んできて、一気に繁殖して人体や家具などに被害を及ぼしてしまいます。

シバンムシを見かけたら一刻も早く効果的な方法を総動員して、家から一掃しましょう。
シバンムシが一匹もいない清潔な部屋で、健康的で気持ちよく毎日を過ごせるようにしたいものです。

害虫駆除は808シティにお任せください

808シティ株式会社 代表取締役社長

足立雅也

大手害虫駆除業者で様々な害虫駆除を体得し、その技術を競う全国大会で優勝実績を持つ。
現場で作業にとどまらず、関連する協会や学会の役員を務めるなど、業界活動にも意欲的で、数々の講義・講演を行っている。

関連記事

  • トコジラミの発生原因とは?見つけ方が分かれば対策ができる!トコジラミの発生原因とは?見つけ方が分かれば対策ができる! トコジラミによる被害は深刻になってきています。 刺されると赤く腫れて、強烈な痒みを発し、日常生活に大きな支障をきたします。 宿泊施設では、トコジラミの被害を受けた宿泊客がSNSで広めてしまい、大きな経済的な被害を被った事例も。 今回は、トコジラミによる被害を拡大させないた […]
  • ゴキブリは生き返る?効果的な対策と出現を防ぐポイントをご紹介!ゴキブリは生き返る?効果的な対策と出現を防ぐポイントをご紹介! ゴキブリをなんとかやっつけて処分しようとしたら、急に動き出してビックリしたことはありませんか? こんな時「死んだはずのゴキブリが生き返った」と恐怖を感じてしまうものです。 実はゴキブリは知能が高く、「死んだフリ」をすることがあります。 ゴキブリ退治での失敗を避ける […]
  • 家にゴキブリの赤ちゃんが!早めに駆除すべき理由と対処法家にゴキブリの赤ちゃんが!早めに駆除すべき理由と対処法 ゴキブリは成虫だとそれなりの大きさがありますが、卵からかえったばかりの赤ちゃんだと小さいためほかの虫と間違える方もいます。 「小さい虫だからいいや」と放置すると、ゴキブリが大量発生する事態になりかねません。 大量発生を抑えるためにも、ゴキブリの赤ちゃんの特徴を押さえ、早めに […]
  • トコジラミ業者の選び方は?安心・確実な業者選びの秘訣トコジラミ業者の選び方は?安心・確実な業者選びの秘訣 トコジラミの問題に直面した際、多くの人がその速やかな解決を求めます。 しかし、効果的かつ安全な駆除を行うには、適切な業者選びが不可欠です。 確かな技術を持つ業者を見極める方法、口コミや評判の重要性、インターネットでの情報収集のポイントなど、失敗しない業者選びの基本を解説 […]
  • 日本でよく見かけるムカデの種類は?噛まれたときの症状や室内への侵入を防ぐ方法も解説日本でよく見かけるムカデの種類は?噛まれたときの症状や室内への侵入を防ぐ方法も解説 ムカデは3000種類以上生息している ムカデの種類は非常に多く、世界に約3000種類以上のムカデが生息しているといわれています。ムカデは暖かい場所を好み、春から秋にかけて活発に活動します。 ムカデの寿命は6~10年で、生命力も強いです。生きている間に10回以上脱皮を […]
  • 黒い蜂の正体とは?名称や危険性を解説黒い蜂の正体とは?名称や危険性を解説 家の庭や外出中などで黒い蜂を見かけることがありませんか? 急に大きな黒い蜂に遭遇したらびっくりしますよね。 日本には多くの種類の蜂がいますが、大きな黒い蜂はとりわけ恐怖を感じさせる存在といえるでしょう。 また、黒い蜂によく似た蜂以外の昆虫も生息しています。 黒い蜂や […]
東京・神奈川・埼玉を中心とした害虫駆除・鳥獣対策は808シティにお任せください

area対応エリア

東京・神奈川・埼玉を中心とした関東圏から、
大阪を中心とした関西圏など、広域にわたって対応しております。
どの地域の方も、まずはご相談ください。

関東圏
東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、静岡、山梨

関西圏
広島、岡山、兵庫、大阪、京都、奈良、滋賀、三重、和歌山

九州圏
福岡、佐賀、大分、長崎

現地調査・無料見積のご依頼・ご相談

tel.03-6417-1153受付時間 9:00-18:00
pagetop