お役立ちコラム

2023/07/21

壁やベランダにいる小さい赤い虫「タカラダニ」の駆除・予防対策を解説

壁やベランダにいる小さな赤い虫を見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。小さな赤い虫は「タカラダニ」という虫ですが、人的被害があるのかわからないため、駆除してよいかわからない方もいらっしゃいます。この記事ではタカラダニの概要と駆除方法を紹介します。

壁やベランダにいる小さい赤い虫「タカラダニ」の駆除・予防対策を解説

5月頃に見かける小さな赤い虫「タカラダニ」

タカラダニの生態は具体的に解明されておりませんが、コンクリートなどに付着している花粉を食べているのであろうと推測されており、5月〜7月に発生すると言われています。そのため、駐車場やマンションなどでよく見られることが多いです。タカラダニは全国的に分布しておりますが、成虫したメスのタカラダニは卵を産んでしまうと死んでしまいます。卵は夏と冬を超え、春先に孵化するサイクルであることから7月以降は見かけなくなります。

タカラダニは人に害はある?

タカラダニは人体に害があるのか気になる人もいらっしゃるのではないでしょうか。タカラダニは人に嚙んだり、刺したりすることがないと言われているため、感染症などの事例も確認されていません。またダニにはさまざまな種類がありますが、タカラダニは他のダニと比べると健康面のリスクが低い特徴があります。しかし潰してしまうと赤い体液が出てしまい、皮疹を起こすこともあるため、正しい駆除を行わなければいけません。ではどのような駆除方法があるのでしょうか。次の項ではタカラダニの駆除方法を紹介します。

小さい赤い虫「タカラダニ」の駆除方法

コンクリートがある場所に生息するタカラダニですが、自宅でも見かけることがあります。アスファルトなどで整備されている駐車場から動いて、ベランダや外壁にいることもあります。人体に害はなくても駆除したいという方もいらっしゃるため、ここでは3つの駆除方法を紹介します。

ベランダや外壁での駆除は水で流す

外壁などにタカラダニがいる場合は、水で流してしまうのが早いです。殺虫剤などで駆除することも可能ですが、タカラダニは小さいため簡単に目視で確認できないこともあります。さらに数も多いため、必要な殺虫剤の量を考慮すると水で流してしまった方が経済的にもコストを抑えることが可能です。

屋内は掃除機や粘着テープで潰さずに駆除する

屋内にいるタカラダニを駆除する場合は直接触れないようにするため、掃除機や粘着テープで潰さないように吸い取ります。人体への被害は確認されていないものの、万が一に備えて触れないで駆除することが望ましいです。掃除機や粘着テープであれば簡単に駆除することが可能です。もちろん少数のタカラダニであれば殺虫剤を使用しても構いません。

中性洗剤を薄めてスプレーする

「掃除機でタカラダニを吸い取りたくない」「粘着テープがない」「殺虫剤の臭いが苦手」という方は台所にある中性洗剤を薄めたスプレーを使用しましょう。中性洗剤をタカラダニにかけると窒息死して駆除することができます。駆除した後はティッシュペーパーなどでふき取れば完了です。

タカラダニの発生を予防するには?

ではタカラダニの発生を予防するにはどのような方法が挙げられるのでしょうか。ここでは3つの対処方法を紹介します。

花粉などを洗い流しておく

コンクリートなどに付着する花粉を洗い流しておけば繁殖を抑えることができます。先程もお伝えした通り、タカラダニは花粉などを食べて成長しているため、花粉自体を失くせば繁殖することがなくなります。自宅にあるコンクリート部分を高圧洗浄などで花粉を洗い落とすことで予防することが可能です。

殺虫剤をまいておく

花粉などを水で洗い流しておくことで予防できますが、花粉の時期は毎日のようにコンクリートに付着してしまうため、毎日洗うわけにはいきません。そのため、殺虫剤などを巻いておくのも一つの方法です。殺虫剤はタカラダニだけでなく、他の対象害虫にも効果があります。

壁面やベランダの塗装・防水

壁面やベランダの塗装・防水を行っておくことでも予防できます。花粉はコンクリートだけでなく、建物の外壁材の小さな穴にも蓄積されていくため、タカラダニの繁殖につながります。そのため塗装や防水工事を行っておけば、穴を失くすことができ、タカラダニの発生を防ぐことも可能です。

まとめ

タカラダニの発生は5月〜7月の短期間で人的に害はないものの、できれば「駆除しておきたい」「発生を防ぎたい」と考える方もいらっしゃるでしょう。そのため花粉などを洗い流したり、防虫剤をまいて防ぐなどを行って対処する必要があります。とはいえ自宅のどの範囲まで行えばよいのか分からない方も多いです。弊社では害虫駆除のご相談を承っております。ぜひ一度ご相談くださいませ。

ダニ駆除は808シティにお任せください

808シティ株式会社 代表取締役社長

足立雅也

大手害虫駆除業者で様々な害虫駆除を体得し、その技術を競う全国大会で優勝実績を持つ。
現場で作業にとどまらず、関連する協会や学会の役員を務めるなど、業界活動にも意欲的で、数々の講義・講演を行っている。

関連記事

  • 【危険】コウモリのフンは住宅の腐敗や感染症の原因に!掃除方法は?【危険】コウモリのフンは住宅の腐敗や感染症の原因に!掃除方法は? 人間の近くに住むことの多い「コウモリ」。お住まいの地域によっては、よく目にする方も多いでしょう。ただ飛び回っているだけなら問題ありませんが、住宅に住み着いているなら大問題です。コウモリのフンは、悪臭の原因になるだけでなく、住宅を腐敗させる他、狂犬病などの感染症リスクもあります。 […]
  • 害虫が出やすいマンションの特徴は?今すぐできる害虫対策も紹介!害虫が出やすいマンションの特徴は?今すぐできる害虫対策も紹介! マンションによく出る害虫の種類 まずは、マンションに沸く害虫の種類を紹介します。マンションの部屋に出やすい害虫は、以下の5種類です。 ・ゴキブリ ・ハエ ・チャタテムシ ・蚊 ・カメムシ すべての害虫とマンションの室内で遭遇するわけではありませんが、マ […]
  • 大量発生したチャタテムシを駆除する方法は?発生しやすい場所や原因も紹介!大量発生したチャタテムシを駆除する方法は?発生しやすい場所や原因も紹介! チャタテムシとは? チャタテムシは、世界中に2000種類以上生息しており、日本には約10種類のチャタテムシが生息しています。日本でよく見かける種類は、ヒラタチャタテムシです。 チャタテムシは日本全国に生息しており、夏から秋にかけて発生します。約1.5mmほどの褐色の […]
  • 室内のアリ対策に効果的な方法とは?予防策などを詳しく解説室内のアリ対策に効果的な方法とは?予防策などを詳しく解説 「室内でアリが大量発生したらどうすればいいの?」「アリが室内に入らないための予防策が知りたい」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。 そこで今回は、室内のアリ対策についてご紹介します。 室内でアリを発見したらするべきことや予防対策などを知りたい方は、本記事を参考にし […]
  • 鳩のフンがもたらす被害とは?効果的な掃除方法と対策鳩のフンがもたらす被害とは?効果的な掃除方法と対策 鳩が住宅に寄ってくる場合に、特に注意しなければならないのがフンによる被害です。 鳩のフンは、以下の問題を起こす原因になります。 ・病気やアレルギーを引き起こす ・悪臭を放つ ・金属を腐敗させる 快適な住環境と健康な生活を守るには、鳩のフンに適切に対処することが […]
  • ゴキブリは一匹だけでも油断禁物?大量発生の不安を解消するには?ゴキブリは一匹だけでも油断禁物?大量発生の不安を解消するには? 「ゴキブリが1匹だけ見つかったら100匹いる」といわれることがあります。 もし本当なら、ゴキブリが1匹見つかっただけでも不安になってしまいますよね。 実際は、ゴキブリが1匹見つかったからといって、必ずしも多くのゴキブリがいるとは限りません。 しかし、ゴキブリへの対策を怠る […]
東京・神奈川・埼玉を中心とした害虫駆除・鳥獣対策は808シティにお任せください

area対応エリア

東京・神奈川・埼玉を中心とした関東圏から、
大阪を中心とした関西圏など、広域にわたって対応しております。
どの地域の方も、まずはご相談ください。

関東圏
東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、静岡、山梨

関西圏
広島、岡山、兵庫、大阪、京都、奈良、滋賀、三重、和歌山

九州圏
福岡、佐賀、大分、長崎

現地調査・無料見積のご依頼・ご相談

tel.03-6417-1153受付時間 9:00-18:00
pagetop