お役立ちコラム

2023/07/28

ドロバチの巣を駆除するには?ドロバチの生態や駆除方法、注意点などを詳しく解説

ドロバチはアシナガバチによく似た外見を持つハチの仲間です。
しかし、アシナガバチの方は、黒よりも黄色の部分が多いのですが、ドロバチは黄色よりも黒の部分の方が多いのが特徴となります。
大きさは、おおむね15mmから30mmです。

この記事では、ドロバチの巣がよく見られる場所や、駆除方法のコツなどについて詳しく解説しますのでぜひ参考にしてください。

ドロバチの巣を駆除するには?ドロバチの生態や駆除方法、注意点などを詳しく解説

ドロバチの主な種類

ドロバチにはさまざまな種類があります。
種類、外見の特徴、長さ、巣の特徴、習性などを表に一覧表にしてみました。

No. 種類 外見の特徴 長さ 巣の特徴 習性など
1 スズバチ オレンジ色 18ミリ~30ミリ 木の枝などに球場の巣を作る 餌を巣に詰め込む
2 ヤマトフタスジスズバチ 細長いフォルム 8ミリ~18ミリ 木の枝などに仕切りのある巣を作る 餌を巣に詰め込む
3 キボシトックリバチ          黄色く丸い斑紋  13ミリ~17ミリ トックリ状の巣を泥で作る 餌を巣に詰め込んで入り口をふさぐ
4 オオフタオビドロバチ 黄色い帯のような線 10ミリ~21ミリ 泥を材料にした仕切りのある巣を竹筒などに作る ・幼虫のまま越冬
・5~10月にかけて活動
5 ミカドトックリバチ 2本の黄色い線 おおむね13ミリ トックリ状の巣を家の外壁や枯草の茎などに泥で作る 餌を巣に詰め込んで巣の入り口をふさぐ

ドロバチの生態

ドロバチは日没になって暗くなるとじっとして動かなくなる性質があります。
反面、明るい日中は活発に行動します。

泥を丸めて巣を作りますが、泥の塊にハチが出入りするための穴が開いているのが特徴です。

木の枝や穴などに巣を作ることもあり、その場合は、木の穴などに泥で仕切りを設けます。

ドロバチは産卵すると、幼虫のためのエサを巣の中に蓄え、蓄え終わったら巣の入口をふさいで幼虫を残したまま巣から旅立ってしまいます。

身の危険を感じたり巣に危害が与えられたりすると、ドロバチは毒針で相手を攻撃することがありますが普段は温厚で人を襲うことはありません。

ドロバチの巣を駆除するには

ドロバチの巣を見つけてもあえて駆除せずに放っておいても問題ありません。

しかし、小さな子供がいる家に巣ができたような場合は、安全のためにも巣を駆除した方がよいでしょう。

日が落ちてから駆除を行うため、見えるようにライトを照らしますが、びっくりしたドロバチがパニックになって攻撃してくることがあります。
赤いセロファンをライトに前もって貼っておくと光に気づかれにくいのでおすすめです。

巣穴の中に殺虫スプレーを15秒程度吹き付け、数分後にヘラなどを使って巣を丸ごと取り除きましょう。

駆除する際の注意点

ドロバチを駆除する際の注意点を解説します。

1.駆除のタイミング

ドロバチは成虫になると巣から立ち去り、秋になると巣を作り産卵し、エサを貯蔵して
入口をふさいで立ち去ります。

卵は9~10月頃に孵化し、冬を過ごし、春になったら巣から旅立っていきます。
そのため、巣から旅立った後がドロバチの巣を駆除するベストなタイミングです。

ドロバチが巣を立ち去る際の行動パターンは、以下の2つに分けられます。
Cタイプ:一度でエサを運び終えて立ち去っていく
Dタイプ:複数回に分けてエサを蓄えて立ち去っていく
Dタイプの場合、立ち去ったと思ったら、まだ巣穴に隠れていたというケースがありますので要注意です。

2. オオスズメバチの巣と間違えない

ドロバチは単独行動をし、身の危険を感じなければ人に攻撃をしかけることはありません。

しかし、間違ってオオスズメバチの巣を駆除しようとすると危険です。

オオスズメバチは攻撃的な性質があり、巣に近づいた人に集団で攻撃をしかけてきます。

ドロバチの巣とオオスズメバチの巣はともに泥でできておりよく似ています。
駆除する際は間違えないように十分に注意しましょう。

駆除業者選定のポイント

駆除業者を選ぶ際のポイントを解説します。

1. 現地調査や見積もりが無料の業者であるか

駆除にかかる費用は、場所や巣の大きさなどによって違ってきますので、実査や見積もりが必要です。

2. アフターフォローが充実している業者であるか

巣を駆除された後も、また元の場所に再び新しい巣を作るドロバチがいます。
再発のリスクがあるので、駆除してから一定期間無料保証のある業者を選定しましょう。

3. 全国展開型か地域密着型かの選択

駆除業者には全国展開している業者と地域密着型に分類されます。
どちらが自分に合っているのかを、予算を含めて検討する必要があります。

A:全国展開している業者
・メリット:大半のエリアはカバーしている
・デメリット:事業所が近場にないことがある

B:地域密着型の業者
・メリット:きめ細かなサービスが可能
・デメリット:対応エリアが狭いので住所によっては対応してもらえない

まとめ

特に刺激を与えなければ、ドロバチの巣があったとしても問題はありません。
しかし、小さなお子様がいるような家庭では、安全のために駆除した方がよいでしょう。

成虫が巣から立ち去った後のタイミングなら、自分自身で駆除することもできます。

しかし、普段は温厚なドロバチも、自身や巣の危険を感じたら攻撃に転じてくることがあるので、除去作業は常に危険を伴うものです。

安全にしかもスピーディーにドロバチの巣を除去したい場合は、ためらいなく専門業者に駆除を依頼することをおすすめします。

害虫駆除は808シティにお任せください

808シティ株式会社 代表取締役社長

足立雅也

大手害虫駆除業者で様々な害虫駆除を体得し、その技術を競う全国大会で優勝実績を持つ。
現場で作業にとどまらず、関連する協会や学会の役員を務めるなど、業界活動にも意欲的で、数々の講義・講演を行っている。

関連記事

  • 壁の中のネズミを退治!ラットサインと対策方法壁の中のネズミを退治!ラットサインと対策方法 壁の中からカサカサ音がする!それはもしかしたらネズミかもしれません。ネズミは安全で暖かい壁の中を生活の拠点にすることがあります。放っておくとネズミが壁の中で巣を作って大量発生したり、ネズミの排泄物で不衛生になったりしてしまいます。 壁の中は手が届きづらく対策をしにくい場所です […]
  • 家の中でなめくじが出る原因は?駆除・予防方法も紹介!家の中でなめくじが出る原因は?駆除・予防方法も紹介! 家の中でなめくじが出る原因 なめくじは1年を通して発生していますが、湿気の多い3~6月や9~10月ごろに発生します。 なめくじは家の外にいるイメージがありますが、家の中で見かけたことがある方も少なくありません。まずは、家の中でなめくじが出る原因を紹介します。 原因 […]
  • ゴキブリの卵を産ませないためには 駆除のための対策も解説ゴキブリの卵を産ませないためには 駆除のための対策も解説 ゴキブリは1匹見つけたらすでに100匹はいるというのが常識です。 ゴキブリの卵のようなものを家の中で発見したら、早急に駆除しなければなりません。 とはいえ、具体的にどうやって駆除すればいいのかわからないという人が多いのではないでしょうか。 ゴキブリの卵の特徴を把握して […]
  • 【畑の害虫】テントウムシダマシの特徴とは?卵の見分け方と駆除方法【畑の害虫】テントウムシダマシの特徴とは?卵の見分け方と駆除方法 テントウムシの仲間「テントウムシダマシ」という種類をご存じですか?ダマシと付く通り、テントウムシに見た目がそっくりな昆虫です。しかしテントウムシはアブラムシを食べるのに対し、テントウムシダマシは植物の葉を食べてしまいます。テントウムシダマシは、農家さんや家庭菜園を楽しまれる方に […]
  • 新聞紙など紙類につく虫(チャタテムシ・紙魚)への対策4選新聞紙など紙類につく虫(チャタテムシ・紙魚)への対策4選 害虫の中には新聞紙などの紙類を好み、エサとしているタイプが存在します。 古い新聞紙などを溜め込んでいると、いつの間にか虫が大量発生してしまうことにもなりかねません。 紙類を主なエサとする害虫への対策は盲点になりやすく、被害を防ぐには、虫の生態や効果的な対策について知るこ […]
  • 天井裏に動物、どこから入る? 侵入防止策を学ぼう天井裏に動物、どこから入る? 侵入防止策を学ぼう 家の天井裏が動物の侵入口となることは驚くほど一般的です。 静かな夜、天井裏から聞こえる足音や鳴き声に悩まされることも。 これらの侵入者はどこから入るのか、そして侵入を防ぐ有効策は何かを理解することが大切です。 家に侵入しやすい動物の種類 天井裏に侵入しやすい動物 […]
東京・神奈川・埼玉を中心とした害虫駆除・鳥獣対策は808シティにお任せください

area対応エリア

東京・神奈川・埼玉を中心とした関東圏から、
大阪を中心とした関西圏など、広域にわたって対応しております。
どの地域の方も、まずはご相談ください。

関東圏
東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、静岡、山梨

関西圏
広島、岡山、兵庫、大阪、京都、奈良、滋賀、三重、和歌山

九州圏
福岡、佐賀、大分、長崎

現地調査・無料見積のご依頼・ご相談

tel.03-6417-1153受付時間 9:00-18:00
pagetop