お役立ちコラム

2023/08/17

コウモリが住宅に入ると何が困る?コウモリの天敵や弱点は?わかりやすく解説します!

テレビやアニメの世界でおなじみのコウモリ。

私たちの生活とあまり関わりがないと思うかもしれませんが、住宅に侵入するケースもあり、厄介な存在になることがあります。
コウモリが侵入したらどうすればよいのでしょうか。

本記事ではコウモリがどんな生き物なのか、コウモリが家屋に浸入すると発生する被害、コウモリの天敵や弱点について解説します。

コウモリが住宅に入ると何が困る?コウモリの天敵や弱点は?わかりやすく解説します!

コウモリはどんな生き物?

コウモリは南極や北極をのぞく世界各地に生息している動物です。
日本にも30種類以上のコウモリが生息しています。
ここでは、最も身近な存在であるアブラコウモリの生態を中心に解説します。

最も目にするのはアブラコウモリ

アブラコウモリは体長4〜6cmほどのコウモリで、北海道を除く日本各地に生息しています。
体重は5〜10グラムで非常に小さいのが特徴です。

棲み処

アブラコウモリを目撃する機会が多い理由は、人の家に好んで住み着くからです。
身体が小さいアブラコウモリにとって、人の家は天敵を避けられる絶好の住み家となります。
1.5cmほどのすき間があれば屋内に侵入でき、屋根裏などに住み着いて子育てをしてしまいます。

メンテナンスが行き届いていない一般住宅のほかに、屋根裏や壁の中、ビルの換気口、道路や鉄道の高架下などさまざまな「すき間」に住居を作ります。

食べ物

アブラコウモリの主食は蚊や蛾などの小さな昆虫です。
夕方に飛ぶのは夜間の方がこうした昆虫を捕食しやすいからと考えられます。
ゴキブリなども捕食してくれるため、害虫退治という面で見れば益獣といえます。

ただ、昆虫以外にも果物や農作物も食べてしまうため、そういった意味では害獣扱いされることもあります。

繁殖力

コウモリの繁殖力は決して高くありません。
寿命は3〜5年ほどで、生涯のうちに8匹ほどの子供を産みます。
昆虫と比べるとかなり少ないといっていいでしょう。

行動パターン

よく知られているように、コウモリは夜間に行動する夜行性の生き物です。
基本的におとなしい生き物で、人を襲うことはありません。
静かな場所でひっそりと固まって暮らしています。

日没後、公園や農地、河川、ため池などでエサとなる昆虫を胃捕食します。

コウモリによる被害

コウモリは害獣の中では比較的おとなしい方で、一見するとあまり被害をもたらさない存在のように思えます。
まして、害虫退治という点では益獣としての側面もあるので、家に住み着いても放置してよいと考えるかもしれません。

しかし、コウモリが家に住み着いてしまうと家や住んでいる人に色々なダメージを与えてしまいます。
ここでは、コウモリによってもたらされる被害を紹介します。

糞による被害

動物による害で最も困るのは糞や尿をまき散らすことです。
住宅の天井裏や壁の中に住み着いたコウモリは、周辺に糞や尿をまき散らします。
糞をすれば当然、悪臭が漂い不快です。

さらに、天井にシミを作ってしまうこともあります。
そればかりか、糞の中にいる寄生虫が原因で住人のアレルギーを引き起こしてしまうかもしれません。

また、糞尿は住宅の木材を劣化させ、老朽化を早めてしまうため住宅に無視できない被害を与えてしまうのです。

ダニによる被害

野生動物の多くにはダニがすみついています。
コウモリが住宅に住み着くことで、こうしたダニが住宅に持ち込まれ、住人を刺すことがあります。

コウモリが持ち込んだダニは健康被害をもたらしますので、可能な限り早く対処しなければなりません。

騒音による被害

夜間に活動するコウモリの音はかなりうるさいです。
キーキーという独特の鳴き声も人の眠りを妨げてしまいます。

コウモリの天敵や弱点

コウモリが住み着くと色々なデメリットがあるとわかりました。
コウモリには天敵や弱点がないのでしょうか。

コウモリの天敵

コウモリの天敵は爬虫類や猛禽類です。
爬虫類の中でもヘビはコウモリにとって大の苦手です。
その理由は、蛇に寝込みを襲われるからです。
小さな穴からでも侵入できるヘビは、コウモリにとって恐ろしい存在なのです。

外での天敵はフクロウなどの猛禽類です。
フクロウは夜間に活動するため、行動時間が重なるコウモリにとって非常に恐ろしい敵となります。

コウモリの弱点

自宅にコウモリが入り込んだとしても、鳥獣保護法があるため私たちが勝手に駆除することはできません。

光やミント・ハッカの香りなどが苦手ですので、それらを使うことでコウモリを追い出せる可能性があります。
特にハッカ油は人体に無害ですので、忌避剤として有効です。

まとめ

今回はコウモリの修正や天敵についてまとめました。
虫を食べてくれるという点ではありがたいコウモリですが、家に住み着かれてしまうと糞や尿の被害、健康リスク、騒音リスクなどがあるためありがたくない存在です。

しかしながら、自分で勝手に駆除することもできません。
もし、自宅に住み着かれてしまった専門業者に依頼してできるだけ早く駆除したほうがよいでしょう。

害獣駆除は808シティにお任せください

関連記事

  • チャタテムシとは?生態を踏まえた効果的な対策で被害防止!チャタテムシとは?生態を踏まえた効果的な対策で被害防止! チャタテムシはダニに似ている小さな虫で、湿度の高い季節になると発生します。 人体を刺したり噛んだりすることはありませんが、食品などに被害を及ぼすことがあります。 万が一食品に混入した場合、アレルギーなど健康被害を引き起こす危険があるため、湿度の高い場所に段ボール箱を放置 […]
  • コウモリはなぜ軒下に棲みつくのか?追い出すための対策を解説 コウモリはなぜ軒下に棲みつくのか?追い出すための対策を解説  コウモリは人間生活にいろんな被害を与えています。 特に軒下の窓のまわりなどに糞を落とすことが多く、悪臭があったり虫がわいてきたりと大変です。 また、夜になるとコウモリの甲高い鳴き声に悩まされ、眠れないという人もいるでしょう。 コウモリ対策、特に軒下に棲みついた […]
  • ドロバチの巣を駆除するには?ドロバチの生態や駆除方法、注意点などを詳しく解説ドロバチの巣を駆除するには?ドロバチの生態や駆除方法、注意点などを詳しく解説 ドロバチはアシナガバチによく似た外見を持つハチの仲間です。 しかし、アシナガバチの方は、黒よりも黄色の部分が多いのですが、ドロバチは黄色よりも黒の部分の方が多いのが特徴となります。 大きさは、おおむね15mmから30mmです。 この記事では、ドロバチの巣がよく見られる […]
  • 家に出るネズミの種類は3種類!特徴から対策を立てよう家に出るネズミの種類は3種類!特徴から対策を立てよう 家や倉庫などに出るネズミには、種類があることを知っていますか? ネズミの駆除や対策は、ネズミの種類を知った上で行うとより効果的です。 今回の記事では日本にいる代表的なネズミの特徴や見分け方をご紹介します。 参考にお役立てください。 日本でよく見られるネズミは3種 […]
  • 弱点を突く最強の撃退法と効果的な予防方法!弱点を突く最強の撃退法と効果的な予防方法! カラスは、ゴミ漁りや糞害、騒音などさまざまなトラブルを引き起こす害鳥として知られています。 しかし「光に弱い」などの弱点を突くことで、カラスを効果的に撃退できます。 カラスによる糞害や生ゴミ漁りによる被害に悩まされている方も、弱点を把握して対策を取りましょう。 こ […]
  • トコジラミとダニの違いは?刺された時の症状や駆除方法も解説!トコジラミとダニの違いは?刺された時の症状や駆除方法も解説! トコジラミの特徴 トコジラミは旅行先のホテルや旅館で遭遇することが多く、体長0.5~0.8cm程度で赤褐色の丸みを帯びた見た目が特徴です。 トコジラミの発生時期は6~9月といわれていますが、日本では冬場も暖房が使用されているため、室内であれば1年中生息できます。 […]
東京・神奈川・埼玉を中心とした害虫駆除・鳥獣対策は808シティにお任せください

area対応エリア

東京・神奈川・埼玉を中心とした関東圏から、
大阪を中心とした関西圏など、広域にわたって対応しております。
どの地域の方も、まずはご相談ください。

関東圏
東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、静岡、山梨

関西圏
広島、岡山、兵庫、大阪、京都、奈良、滋賀、三重、和歌山

九州圏
福岡、佐賀、大分、長崎

現地調査・無料見積のご依頼・ご相談

tel.03-6417-1153受付時間 9:00-18:00
pagetop