お役立ちコラム

2021/07/10

ムカデの赤ちゃんはキケン!?ヤスデとの違いと対処法を徹底解説

ムカデの赤ちゃんは小さくても毒性をもっているので非常に危険です。一方、ムカデの赤ちゃんによく似たヤスデという虫は毒性もなく、おとなしい性格をしています。
危険性は正反対ですが、実はムカデの赤ちゃんとヤスデを見分けるのはなかなか難しいのです。
今回の記事ではムカデの赤ちゃんとヤスデの見分け方や、ムカデの駆除方法や対処法についてわかりやすくご紹介します。

ムカデの赤ちゃんとヤスデの違いは?

家の中をはう小さな黒いひも状の生き物。
これを見つけてすぐに「ムカデの赤ちゃんだ!」「ヤスデだ!」と見分けられる人は多くないでしょう。

ムカデもヤスデもどちらも害虫ですが危険性が全く異なります。
それではムカデとヤスデの違いについて説明していきます。

ムカデの赤ちゃんの特徴

ムカデの赤ちゃんは小さくても毒を持っており、噛まれると激痛に襲われます。

特徴的なのは二本の長い触覚です。
お尻の方にも触覚のような長い脚があり、平べったい体透明または淡い色をしています。

ムカデの赤ちゃんは動きがすばやく、刺激を与えても丸まりません

ヤスデの特徴

ヤスデは毒を持っていませんが、異臭を放つことがあります。
触覚は短く丸みのある半筒状の体をしています。
体の色は黒〜茶褐色をしており、動きは比較的ゆっくりです。

またヤスデはムカデと異なり刺激を与えると丸まります

ムカデの赤ちゃんが出たら大量発生の可能性も?!

ムカデの赤ちゃんを一匹退治したからといって安心はできません。
なぜならムカデは子育てをする虫だからです。

ムカデは年に二回、20〜50個程度の卵を産みます。
孵化したあと母ムカデは子ムカデたちが大きくなるまで面倒をみるのです。

つまりムカデの赤ちゃんが出たということは母ムカデが近くにいるかもしれません。
さらに大量の兄弟ムカデたちもすぐそばに潜伏している可能性もあります。
そのまま放っておくと兄弟ムカデたちが成長し、大量のムカデが発生する危険性があるので注意が必要です。

ムカデの駆除方法

では、ムカデを見つけた時にどう対処すればいいのでしょうか?
ムカデを潰すのも一つの方法ですが、床やカーペットが汚れてしまったり、臭いの問題があったりするのでできれば潰すのは避けましょう。

ここでは潰さない駆除方法についてご説明していきます。

熱湯を使う

ムカデは体のタンパク質が固まってしまう50度以上の熱湯で駆除できます。温度が高いほど駆除までの時間が短くなります。
畳やカーペットの上では直接熱湯を注ぐわけにはいかないので、場所に応じてトングなどを使い、ムカデをバケツに入れてから熱湯を注ぎましょう。
この時、絶対に素手で触らないように注意してください。

殺虫剤を使う

次に紹介するのが、市販されている殺虫剤を使う方法です。
殺虫剤の成分が気になる方は凍結タイプを使用してみてください。
すぐにムカデの動きを止め、駆除できます。

ムカデの家への侵入を防ぐ方法

ムカデの駆除方法をご説明してきましたが、できれば家に侵入して欲しくないですよね。
ここからはどうすればムカデの侵入を防ぐことができるかご説明していきます。

隙間を防ぐ

ムカデはほんの少しの隙間でも入ってきます。

窓やドアだけではなく通気口やエアコンのホースからも侵入してしまうので、エアコンのホースは地面から少し浮かすのがポイントです。
お庭に面している場所は特に隙間がないようにチェックしましょう。

忌避剤やハーブを使う

市販されている忌避剤を定期的に家の周りにまいてムカデが寄り付きにくい環境にしましょう。
薬剤が気になる方はムカデが嫌うハーブを焚く方法もオススメです。
ムカデは特にハッカ油に含まれる匂い成分のL-メントールを嫌うので、このアロマオイルを炊けばムカデ避けになります。
他にもローズマリーやヒノキの香りも効果的です。

部屋をきれいにする

ムカデは湿気を好み餌となるゴキブリがいる環境に現れやすいです。
つまりムカデが大量にいる場所には餌のゴキブリもたくさんいることになります。
ムカデ・ゴキブリが繁殖しないように部屋を整理整頓してきれいに保ちましょう。
また湿気がたまらないようにこまめに換気し、必要であれば除湿機を使いましょう。

まとめ

ムカデの赤ちゃんを見つけたらすぐ近くに大量のムカデがいる可能性があります。
一つひとつ駆除していく方法もありますが、まずは家にムカデが侵入しないように工夫しましょう。
ムカデの赤ちゃんがいるということはそこがムカデにとって子育てのしやすい環境である可能性があります。
「隙間をなくす」「忌避剤やハーブで侵入を防ぐ」ことも大切ですが、一番大切なのは「部屋をきれいに保つ」ことです。
ムカデの餌であるゴキブリが繁殖しないようにこまめな掃除・換気を心がけましょう。

それでもムカデが発生してしまう時は一度業者へ相談してみるのもオススメです。

「808シティ株式会社」では「なるべく薬剤を使わない」安心安全な駆除を行っております。
ムカデの大量発生などでお困りの方は、ぜひ一度お気軽にお問い合わせください。

→808シティの害虫駆除はこちら

関連記事

  • 室内のアリ対策に効果的な方法とは?予防策などを詳しく解説室内のアリ対策に効果的な方法とは?予防策などを詳しく解説 「室内でアリが大量発生したらどうすればいいの?」「アリが室内に入らないための予防策が知りたい」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。 そこで今回は、室内のアリ対策についてご紹介します。 室内でアリを発見したらするべきことや予防対策などを知りたい方は、本記事を参考にし […]
  • 大量発生したチャタテムシを駆除する方法は?発生しやすい場所や原因も紹介!大量発生したチャタテムシを駆除する方法は?発生しやすい場所や原因も紹介! チャタテムシとは? チャタテムシは、世界中に2000種類以上生息しており、日本には約10種類のチャタテムシが生息しています。日本でよく見かける種類は、ヒラタチャタテムシです。 チャタテムシは日本全国に生息しており、夏から秋にかけて発生します。約1.5mmほどの褐色の […]
  • 家の中にネズミがいるか確かめる方法はあるのか家の中にネズミがいるか確かめる方法はあるのか 家の天井裏などにねずみがいるのかを確かめたくなる時があります。 ねずみは夜行性があり、しかも警戒心が強いので、なかなか姿を現しません。 ねずみがいるのかを確かめる方法はあるのでしょうか。 この記事では、ねずみがいるのかを確かめる方法や、ネズミが家にすみつく原因や対策に […]
  • 小さい蟻が大量発生する原因?その驚きの理由小さい蟻が大量発生する原因?その驚きの理由 小さい蟻の大量発生は多くの人にとって頭の痛い問題です。 しかし、この現象の背後には、生態系のバランス、人間の生活環境、気候変動といった、様々な要因が複雑に絡み合っています。 この記事では、小さい蟻の大量発生の原因や、その対策について掘り下げてみましょう。 蟻が […]
  • ヤモリを家に寄せ付けない方法は?家の中にいる場合の対処法も解説!ヤモリを家に寄せ付けない方法は?家の中にいる場合の対処法も解説! ヤモリの特徴 ヤモリはトカゲの1種で、日本では二ホンヤモリといわれるヤモリが数多く生息しています。北海道や秋田県、青森県以外の全国で生息しており、体長は約10cmです。 ヤモリは夜行性で光に集まる虫などを捕食します。そのため、自然が豊かな暗い場所よりも、民家や光のあ […]
  • 畳に発生する黒い虫の正体とは?発生原因と効果的な対策について畳に発生する黒い虫の正体とは?発生原因と効果的な対策について 畳に小さな黒い虫が発生することがあります。 あの虫が何なのか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか? 畳に発生する黒い虫は人体には無害なものが多いですが、放置していると、どんどん数が増えて畳に穴が空くなどの被害が生じるおそれがあります。 被害を防ぐためにも、黒い […]
東京・神奈川・埼玉を中心とした害虫駆除・鳥獣対策は808シティにお任せください

area対応エリア

東京・神奈川・埼玉を中心とした関東圏から、
大阪を中心とした関西圏など、広域にわたって対応しております。
どの地域の方も、まずはご相談ください。

関東圏
東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、静岡、山梨

関西圏
広島、岡山、兵庫、大阪、京都、奈良、滋賀、三重、和歌山

九州圏
福岡、佐賀、大分、長崎

現地調査・無料見積のご依頼・ご相談

tel.03-6417-1153受付時間 9:00-18:00
pagetop