お役立ちコラム

2022/02/16

ゴキブリ対策は冬がおすすめ!その理由と対策法をご紹介

「ゴキブリが苦手で、対策に困っている」という方は多いのではないでしょうか?そんな、ゴキブリが苦手な方に朗報です。ゴキブリ対策を行うのに、実は冬がもっとも効果的ということをご存じですか?
この記事では、なぜ冬のゴキブリ対策が効果的なのか、また冬にできるゴキブリ対策とはどんな対策なのかを、具体的にご紹介していきます。

ゴキブリ対策は冬がおすすめ!その理由と対策法をご紹介

ゴキブリ対策は冬がもっとも効果的!その理由

ゴキブリ対策を冬に行うのが効果的なのは、なぜでしょうか?ゴキブリは20~25度の気温で活発に行動します。10度以下になると、活動が鈍くなり繁殖能力も失われてしまうのです。ゴキブリの卵は20度以下の環境では孵化(ふか)できないと言われており、冬の間に産まれた卵は越冬してから孵化し、幼虫になるのが特徴。

私たちの住居はゴキブリにとっても暖かくて過ごしやすく、卵を産みやすい場所なので、家の中に侵入してきます。寒い間に家の中の卵を見つけて駆除し、ゴキブリにとってエサとなるものがない環境を作れば、ゴキブリも「ここでは繁殖できない」と察知して場所を変えるそうです。冬の間にゴキブリの駆除や対策をして、家の中のゴキブリを増やさないようにしましょう。

冬のゴキブリ対策法

ゴキブリは家の中のどのような場所を好み、産卵するのでしょうか?具体的な対策方法をご紹介します。

ゴキブリが好みそうな場所に駆除剤を置く

「置き型の駆除剤」はゴキブリ対策にとても効果的です。ゴキブリが寒さをしのげる隙間・餌が手に入るキッチン・風通しが悪い場所など、ゴキブリが好みそうなエリアにはどんどん駆除剤を設置していきましょう。また排水溝や換気扇からも侵入してくるので、洗面所・トイレ・エアコン周りにも置くのがオススメです。

ペットを飼っていて駆除剤を置くのが心配な方は、「ホウ酸ダンゴ」を作って設置できます。ゴキブリには直接殺虫剤を噴射できますが、卵は硬い殻で覆われていて頑丈なので、殺虫剤が全く効きません。卵を見つけた場合は潰さないようにテープで貼り付けて回収し、すぐに処分しましょう。確実に死滅させたい場合は卵に熱湯をかけます。

結露をなくすために換気する

冬は暖房器具を使うことで起こる寒暖差で結露が発生し、部屋の湿度が高くなります。暗くて湿気があるところはゴキブリが好む環境なので、結露がたまらないようにこまめに換気を行いましょう。

アロマオイルを焚く

ゴキブリはハーブの香りが苦手。ゴキブリにとって刺激臭となる「レモン」「ユーカリ」「ミント」「ラベンダー」などのアロマオイルを焚くことで、対策ができます。アロマオイルは私たち人間にとっては癒しの効果があるので、アロマオイルで「ゴキブリ対策」と「癒し効果」の一石二鳥は嬉しいですね。

電化製品の裏側を掃除する

ゴキブリは熱がこもっていて暖かいエアコン・電子レンジ・冷蔵庫・コンロなどの裏側を住処にします。あまり動かすことがない大きな家具の裏側もゴキブリが発生しやすいので要チェックです。放っておくと場合によってはエアコンや電子レンジの中でゴキブリが増えて、火災や故障の原因になる恐れも。こまめに電化製品や家具を動かしてきれいに掃除しましょう。

段ボールや新聞紙を片付ける

ゴキブリにとって快適な場所となる、暖かく保湿効果も抜群な段ボールや新聞紙。段ボールに使われているデンプンはゴキブリのエサにもなるため越冬には最適です。春にゴキブリの繁殖を目にしたくなければ、段ボールや新聞紙もきちんと処分するようにしましょう。

卵がついている段ボールを知らずに持ち帰り、家のなかでゴキブリが増えることもあるので、よく確認してください。段ボールだけでなく、ゴキブリのエサとなるホコリやゴミを溜め込まないように常日頃から掃除しておくことが大事です。

ゴキブリの侵入口を塞ぐ

ゴキブリは2mmほどの隙間であれば簡単に通り抜けることができます。侵入口となりそうな隙間は、パテやテープを使って徹底的に埋めましょう。排水口には「ゴミ受け」を利用してゴキブリが上がってくるのを防げます。ゴキブリは開けっぱなしの窓やドアから侵入することもあるため、入れないように網戸にしましょう。

まとめ

今回は、冬に行えるゴキブリ対策についてご紹介しました。冬のゴキブリは他の季節に比べて動きが鈍くなり、暖かさを求めて家の中へと侵入してきます。ゴキブリが家の中に住処を作ると、そこで産卵して繁殖します。卵は頑丈で殺虫剤が効かないので、見つけた時は潰さないようにテープで包んですぐに処分してください。

下記の対策をゴキブリの動きが鈍くなる冬の間に行って、「ここでは繁殖できない!」と感じさせることも、おすすめです。

  • 駆除剤を設置する
  • 湿気がたまらないよう換気する
  • アロマオイルをたく
  • 電化製品の裏側もこまめに掃除する
  • 段ボールや新聞紙はすぐに片付ける
  • 2mm程度の穴は徹底的に塞ぐ

「ゴキブリが増えすぎて困っている」「ゴキブリの卵が手の届かないところにあって処理ができない」などの場合は、ぜひ「808シティ株式会社」にご相談ください。

→ゴキブリの害虫駆除は808シティにお任せください

関連記事

  • 最強のコバエ対策3選!めんつゆを使う全滅方法とは?最強のコバエ対策3選!めんつゆを使う全滅方法とは? どこからともなく現れる「コバエ」。 たくさんのコバエが家の中を飛び回っていたら、とてもうっとうしいですよね。 「コバエを一網打尽にする最強の対策はないのかな?」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか? 実は、殺虫スプレーなどの市販の道具だけでなく、身近にあるも […]
  • 弱点を突く最強の撃退法と効果的な予防方法!弱点を突く最強の撃退法と効果的な予防方法! カラスは、ゴミ漁りや糞害、騒音などさまざまなトラブルを引き起こす害鳥として知られています。 しかし「光に弱い」などの弱点を突くことで、カラスを効果的に撃退できます。 カラスによる糞害や生ゴミ漁りによる被害に悩まされている方も、弱点を把握して対策を取りましょう。 こ […]
  • ネズミを追い出すには! これで解決、家庭でできる対策ネズミを追い出すには! これで解決、家庭でできる対策 ネズミの侵入は、家の中で衛生的な問題や物品の被害を引き起こす可能性があります。 家庭でできる対策として、ネズミが家に入る原因を理解し、それを基に侵入防止の措置を講じることが重要です。 ねずみを追い出すには、まずその生態と行動パターンを知り、有効な追い出し方を見つけましょ […]
  • トコジラミはどこにいる?生息場所や駆除方法を徹底解説!トコジラミはどこにいる?生息場所や駆除方法を徹底解説! トコジラミは日本全域に生息しており、6~9月が活動期間とされています。 近年では各家庭の空調設備により活動期間が広がる傾向にあるようです。刺されると「猛烈なかゆみ」や「湿疹」「悪臭」などを発し、意外と大変な状況になります。   この記事ではそんな厄介 […]
  • 本の虫の駆除と対策!紙魚(シミ)・シバンムシ・チャタテムシ本の虫の駆除と対策!紙魚(シミ)・シバンムシ・チャタテムシ 久しぶりに昔の本を開くと、虫が付着していることがあります。特に本好きの方にとって、大切にしていた本に虫がついていたら嫌でしょう。この記事では本に付く虫の種類と駆除方法、事前にできる予防・対策方法を紹介します。 本に付く虫は主に3種類 本に付く虫はさまざまおりますが、 […]
  • トコジラミとダニの違いは?刺された時の症状や駆除方法も解説!トコジラミとダニの違いは?刺された時の症状や駆除方法も解説! トコジラミの特徴 トコジラミは旅行先のホテルや旅館で遭遇することが多く、体長0.5~0.8cm程度で赤褐色の丸みを帯びた見た目が特徴です。 トコジラミの発生時期は6~9月といわれていますが、日本では冬場も暖房が使用されているため、室内であれば1年中生息できます。 […]
東京・神奈川・埼玉を中心とした害虫駆除・鳥獣対策は808シティにお任せください

area対応エリア

東京・神奈川・埼玉を中心とした関東圏から、
大阪を中心とした関西圏など、広域にわたって対応しております。
どの地域の方も、まずはご相談ください。

関東圏
東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、静岡、山梨

関西圏
広島、岡山、兵庫、大阪、京都、奈良、滋賀、三重、和歌山

九州圏
福岡、佐賀、大分、長崎

現地調査・無料見積のご依頼・ご相談

tel.03-6417-1153受付時間 9:00-18:00
pagetop