お役立ちコラム

2022/04/19

ダニ対策は何をすべき?被害に遭わないためにできることは?

家にいるダニは1種類というわけではなく、種類によって特徴や人に与える被害に違いがあることを、以前コラム「ダニによる害とはどんなもの?ダニの種類と特徴についても詳しく解説」で紹介しました。
今回はダニの被害に遭わないためにできる対策について解説します。
ダニの被害でお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

ダニ対策は何をすべき?被害に遭わないためにできることは?

市販の殺虫剤でダニの駆除はできる?

実は、ダニの種類によって、効く薬が違います。
人を吸血するイエダニとトリサシダニは、市販の殺虫剤で駆除ができます。
スプレータイプや燻煙タイプが販売されていますが、しっかりと駆除するのであればどちらのタイプもご使用されることをおすすめします。
一方、ヒョウヒダニ・コナダニ・ツメダニですが、殺虫剤だけでは十分な効果があまり期待できません。
なぜかと言うと、殺虫剤によって死ぬ数よりも、繁殖で増える方が勝ってしまうことがあるためです。
これらのダニには、掃除機で吸い取ることが有効です。

掃除機をかけるポイント

ヒョウヒダニ・コナダニ・ツメダニの対策には、掃除機をかけることが有効であることは先に述べました。
具体的にどのように掃除機をかければよいのでしょうか。

ダニ対策に効果的な掃除機のかけ方にはポイントがあります。
まず、布団用のノズルを用意します。
布団専用の掃除機である必要はありません。
なるべく強い吸い込み量で、1平米を30秒かけてノズルをゆっくり動かします。
敷布団は片面2平米程度ですので、1分程度ですね。
掛布団もやりたいですが、手間に感じる方は、体が触れる面だけでもやりたいですね。
では、どれくらいの頻度で行うとよいのでしょう。

ある実験では、布団に3日に1回の割合で掃除機をかけると、ダニの量は減少していくことが報告されています。
週に2回程度であればできそうでしょうか。
私自身、ハウスダストによるアレルギー性鼻炎を持っていて、こどもは小児ぜんそくでした。
原因は、ダニの死がい・ふん・脱け殻といったアレルゲンの可能性が高いということで、布団用の掃除機を買ってきて頑張ってはみたものの、長続きしませんでした。
不規則な時間帯でお仕事をされている方や出張が多い方には、3日1回、日中に掃除機をかけることは難しいこともおありでしょう。

布団を干すことでダニ対策になる?

昔は布団を干して叩く光景もよく見られ、ダニ退治に効果があるように感じている人も少なくないようです。
しかし、布団を干しても、光と熱を嫌がってダニは繊維の奥深くに逃げ込むので 、必ずしもダニ退治に効果的とは言えないことが分かってきました。
また、アレルゲンとなるフンや死がいは布団を叩くと舞い上がってしまい、部屋の中に流れ込んで、かえって症状が発症するかもしれません。
布団を乾燥させるという面では悪いことではありませんが、取り込んだ後は掃除機をかけるようにしましょう。

布団丸洗いや布団乾燥機も効果的

アレルギー性鼻炎やぜんそくの原因とされているダニのフンは、水によく溶けます。
布団を半年に1回程度の頻度で、丸洗いやクリーニングに出すとよいでしょう。
洗った後は必ず業務用乾燥機で乾燥させますが、このときダニは熱で死滅します。

もっと手軽にご自身で対策するには、布団熱乾燥機という家電を使うとよいでしょう。
布団乾燥機は「熱で殺す」という直接的な効果と、「乾燥させて湿度を下げる」という効果で、ダニの発生を抑えることができます。
しかし、死がいやフンはアレルギー原因物質として残るので、布団乾燥機を使用した後は掃除機をかけましょう。

ダニの対策で大切なことは?

ダニは目視で確認できないくらい小さな虫ですので、ダニの被害だと疑いがあるときには、まず駆除業者や研究機関に問い合わせをしてダニの相談や検査をしましょう。
その後ご自身で対策する場合は、次の3つのポイントを押さえておきましょう。

  • かゆみの原因はダニと決めつけないこと。
  • 殺虫剤だけでは駆除できない種類がいること。
  • ご自身でできる日常の対策では掃除機が有効であること。

ダニは身近な害虫で健康被害もある重要な害虫ですので、ぜひ対策をしていただきたいと思います。

ダニ駆除は808シティにお任せください

808シティ株式会社 代表取締役社長

足立雅也

大手害虫駆除業者で様々な害虫駆除を体得し、その技術を競う全国大会で優勝実績を持つ。
現場で作業にとどまらず、関連する協会や学会の役員を務めるなど、業界活動にも意欲的で、数々の講義・講演を行っている。

関連記事

  • 大量発生したチャタテムシを駆除する方法は?発生しやすい場所や原因も紹介!大量発生したチャタテムシを駆除する方法は?発生しやすい場所や原因も紹介! チャタテムシとは? チャタテムシは、世界中に2000種類以上生息しており、日本には約10種類のチャタテムシが生息しています。日本でよく見かける種類は、ヒラタチャタテムシです。 チャタテムシは日本全国に生息しており、夏から秋にかけて発生します。約1.5mmほどの褐色の […]
  • ムカデの赤ちゃんはキケン!?ヤスデとの違いと対処法を徹底解説ムカデの赤ちゃんはキケン!?ヤスデとの違いと対処法を徹底解説 ムカデの赤ちゃんは小さくても毒性をもっているので非常に危険です。一方、ムカデの赤ちゃんによく似たヤスデという虫は毒性もなく、おとなしい性格をしています。 危険性は正反対ですが、実はムカデの赤ちゃんとヤスデを見分けるのはなかなか難しいのです。 今回の記事ではムカデの赤ちゃんと […]
  • 白いノミに似た小さな虫の正体は?発生原因や駆除方法をご紹介白いノミに似た小さな虫の正体は?発生原因や駆除方法をご紹介 白いノミのようにうごめく小さな虫を見たことがありませんか?その虫の正体は「チャタテムシ」か「コナダニ」の可能性が高いです。 「チャタテムシ」や「コナダニ」を駆除せず放置しておくとアレルギー症状などの被害が生じる恐れがあります。そのため「チャタテムシ」や「コナダニ」の発生原因や […]
  • カツオブシムシ対策 | 効果的な駆除・予防の方法とは?カツオブシムシ対策 | 効果的な駆除・予防の方法とは? カツオブシムシという、ちょっと変わった名前の害虫が存在します。 カツオブシムシ対策で重要なのは、成虫よりも幼虫です。 成虫は花粉や花の蜜をエサとしているため、人間に対して害を及ぼすことはありませんが、幼虫は食品や衣類に被害を及ぼします。 被害を防ぐためには、カツオブシ […]
  • 日本でよく見かけるムカデの種類は?噛まれたときの症状や室内への侵入を防ぐ方法も解説日本でよく見かけるムカデの種類は?噛まれたときの症状や室内への侵入を防ぐ方法も解説 ムカデは3000種類以上生息している ムカデの種類は非常に多く、世界に約3000種類以上のムカデが生息しているといわれています。ムカデは暖かい場所を好み、春から秋にかけて活発に活動します。 ムカデの寿命は6~10年で、生命力も強いです。生きている間に10回以上脱皮を […]
  • トコジラミが嫌う匂いとは?匂い以外の5つの対策もご紹介トコジラミが嫌う匂いとは?匂い以外の5つの対策もご紹介 トコジラミは、最近、日本国内で増えているといわれています。 手軽な方法でトコジラミの不安を解消できないものでしょうか。 トコジラミが苦手とされる匂いが、実はあります。 どのような匂いなのでしょうか。 匂いの他にも、トコジラミを駆除する方法はあるのでしょうか。 […]
東京・神奈川・埼玉を中心とした害虫駆除・鳥獣対策は808シティにお任せください

area対応エリア

東京・神奈川・埼玉を中心とした関東圏から、
大阪を中心とした関西圏など、広域にわたって対応しております。
どの地域の方も、まずはご相談ください。

関東圏
東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、静岡、山梨

関西圏
広島、岡山、兵庫、大阪、京都、奈良、滋賀、三重、和歌山

九州圏
福岡、佐賀、大分、長崎

現地調査・無料見積のご依頼・ご相談

tel.03-6417-1153受付時間 9:00-18:00
pagetop