お役立ちコラム

2022/04/24

コウモリが住み着く家の特徴とは?駆除や寄せ付けない方法をご紹介

外が暗くなると、コウモリが飛び回っているのを見かけることがあります。
コウモリは昔から縁起のよい生き物とされていて、実際に害虫を駆除してくれたりもします。
しかし、コウモリが家に住み着くと糞尿などによる悪臭被害の原因になるため駆除が必要です。

虫ならともかく、コウモリにどう対処してよいか分からないという方もいらっしゃると思います。

そこでこの記事では、コウモリが住み着く家の特徴・コウモリの駆除方法・家にコウモリを寄せ付けない方法・業者に駆除を依頼する場合の費用相場について分かりやすく解説します。

コウモリが住み着く家の特徴とは?駆除や寄せ付けない方法をご紹介

コウモリが住み着く家の特徴とは?

コウモリが住み着く家の特徴とは、端的に言うと「古い家」です。
築年数が長く老朽化している家には隙間が多いため、コウモリが侵入しやすくなっています。
コウモリは、1cmほどの隙間があれば、簡単に建物の中に侵入することができるのです。

日本の家屋に住み着く主なコウモリは、「アブラコウモリ」です。
アブラコウモリは体長が5cmほどですが、体が非常に柔らかいため、1cmほどの隙間があれば、簡単に家に入り込むことができます。

家に住み着くコウモリの駆除方法

コウモリはイタチなどと同様に、殺したり捕獲したりすることが「鳥獣保護法」という法律で禁止されています。
そのため、家に住み着くコウモリの駆除作業では、「駆除=追い出すこと」と理解してください。

コウモリはさまざまな細菌や寄生虫を持っているため、直接触れるのはNGです。
ライト・燻煙剤・忌避スプレーなどを使用して追い出しましょう。
コウモリは夜行性で光を苦手としているため、ライトを当てつつ窓の方に誘導すれば、屋外に追い出すことが可能です。
強い光があれば申し分ないですが、懐中電灯の光でも十分効果があります。
強い光を出すライトや懐中電灯が手元にない場合は、携帯電話に搭載されている懐中電灯アプリでもある程度の効果が見込めるでしょう。

また、コウモリを追い出す「時期」にも注意が必要です。
冬眠中の冬場(11月~3月)や、まだ飛べない子供がいる子育て中の夏場(7月~8月)は避けましょう。
追い出すのに最適なのは、冬眠から目覚めて活動している春(4月~6月)や子供が巣立つ秋(9月~10月)の時期です。

追い出しが完了したら、家の隙間などの侵入経路をしっかりと塞ぎ、再び侵入できないようにしてください。

コウモリが家に住み着くのを防ぐ方法

駆除するのは中々大変であるため、コウモリが住み着くのを未然に防止することが大切です。
ここでは、コウモリが家に住み着くのを防ぐ方法をご紹介します。

コウモリのエサになる虫を駆除する

コウモリは昆虫類をエサとしています。
そのため、昆虫類が多い場所は、コウモリを寄せ付けやすい傾向があります。
コウモリを家に住み着かせないようにするには、家の中にいる虫をできるだけ減らすことが大切です。
ゴキブリなどの害虫は駆除しておきましょう。

また、昆虫を寄せ付けるゴミ箱や水槽がある場合は、置き場所を変えたり、フタをしたりするなどの対処が必要です。

コウモリが嫌うものを設置する

コウモリは光を苦手としているため、ライトや光を反射するものを設置するのが効果的です。
CDなど光を反射してキラキラ光るものを軒下などに吊るしておくと、電気代がかからないコウモリ侵入防止策になります。

忌避剤を使うのもおすすめです。
コウモリが嫌がる匂いが出る忌避剤を、コウモリが侵入しそうな場所に設置しておくと、侵入防止効果が見込めます。

業者にコウモリ駆除を依頼する場合の費用相場

自分でコウモリを駆除できない場合は、プロに依頼しましょう。
駆除にかかる費用相場は、1か所あたり1万円〜3万円ほどです。
ただし、駆除が必要な箇所の数や作業内容、どの業者に依頼するかによって費用が変わります。

コウモリ駆除では、次の作業を行います。
・コウモリの排除
・屋根裏などについているコウモリの糞の清掃
・消毒
・コウモリの侵入経路の遮断
業者によっては、一定の基本作業以外はオプションとして追加していく形態の場合があります。

まとめ

以上、コウモリが住み着く家の特徴や侵入対策について解説いたしました。

コウモリが家に住み着くのは嫌なことですが、コウモリは鳥獣保護法で守られているため、殺傷するという方法で駆除することはできません。
しかし、「光を嫌う」などのコウモリの習性を知り、適切な対策をとれば、傷つけることなく家から追い払うことは十分可能です。
もし、自分で追い払うことが難しい場合は、信頼できる業者に依頼し駆除してもらいましょう。

もし害虫や害獣でお悩みの方がいらっしゃいましたら、「808シティ株式会社」にぜひご相談ください。
弊社は、東京・神奈川・埼玉で害虫駆除・鳥獣対策を行っております。
安心安全な施工方法・柔軟な料金設定・豊富な情報に基づいた高い技術で、お客様にご満足いただけるサービスをご提供いたします。

ダニ駆除は808シティにお任せください

808シティ株式会社 代表取締役社長

足立雅也

大手害虫駆除業者で様々な害虫駆除を体得し、その技術を競う全国大会で優勝実績を持つ。
現場で作業にとどまらず、関連する協会や学会の役員を務めるなど、業界活動にも意欲的で、数々の講義・講演を行っている。

関連記事

  • てんとう虫そっくりの害虫がいるの?!被害と予防方法を紹介てんとう虫そっくりの害虫がいるの?!被害と予防方法を紹介 家庭菜園で人気のミニトマト。育てやすいため、気軽に始められますが「虫」が付きやすいと、お悩みの方も多いでしょう。もしかして、あなたの育てているミニトマトの葉っぱ、虫に食べられていませんか?それはもしかしたら、てんとう虫にそっくりの害虫かもしれません。実はアブラムシを食べる有名な […]
  • 蚊(ヒトスジシマカ)対策はどうすれば?効果的な対策方法を伝授!蚊(ヒトスジシマカ)対策はどうすれば?効果的な対策方法を伝授! 暑い季節になると気になるのが蚊。刺されると赤く腫れ強い痒みが出現します。数日で治りますが、小さなお子さんの場合は掻きむしって傷になってしまうこともありますよね。 実は恐ろしいことに、蚊を媒介とした感染症で多くの死者も出ています!この記事では蚊(ヒトスジシマカ)の効果的な対策方 […]
  • カメムシは天敵がいれば駆除できる?大量発生する時期と自宅での対策カメムシは天敵がいれば駆除できる?大量発生する時期と自宅での対策 カメムシを家で見つけたら、どうやって追い払おうか、とても悩みますよね。刺激して、カメムシにあの臭いを出されたら大変です。カメムシの臭いはとても強烈で、自身が放った臭いで死んでしまうこともあるそうです。人間に恐れられるカメムシに、天敵はいるのでしょうか? カメムシの天敵や、臭い […]
  • 家の中に出る小さい赤い虫の正体はタカラダニ!駆除方法などをご紹介家の中に出る小さい赤い虫の正体はタカラダニ!駆除方法などをご紹介 暖かい時期になると、よくみかける小さな赤い虫。 正体が気になりますよね? その赤い虫の正体は「赤ダニ(タカラダニ)」といいます。 タカラダニは、正式にはタカラダニ科アナタカラダニ属の「カベアナタカラダニ」というダニの一種で、春から夏にかけて発生します。 見た目が見た […]
  • 毎日ダニに刺される!ダニ刺されの原因とおすすめ対策法をご紹介毎日ダニに刺される!ダニ刺されの原因とおすすめ対策法をご紹介 ある日「これってもしかしてダニ刺され?」と感じるような症状が出たあとに、毎日同じ症状に悩まされている方は多いのではないでしょうか? つらいダニ刺されを発生させないためには、「ダニが繁殖する原因を知ること」と「ダニの繁殖原因の対処法」が重要です。 この記事ではダニ刺されが発生 […]
  • トコジラミに刺された症状を知っておこう!治療法も徹底解説トコジラミに刺された症状を知っておこう!治療法も徹底解説 「旅行中や帰宅後、ベッドで寝ていたら手足にかゆいブツブツができていた」なんて経験をしたことはありませんか? これは「トコジラミ」と呼ばれる害虫に血を吸われた痕かもしれません。 トコジラミは一度繁殖すると、駆除するまで被害にあい続けることになってしまう厄介な害虫です。 この […]
東京・神奈川・埼玉を中心とした害虫駆除・鳥獣対策は808シティにお任せください

area対応エリア

東京・神奈川・埼玉を中心とした関東圏から、
大阪を中心とした関西圏など、広域にわたって対応しております。
どの地域の方も、まずはご相談ください。

関東圏
東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、静岡、山梨

関西圏
広島、岡山、兵庫、大阪、京都、奈良、滋賀、三重、和歌山

現地調査・無料見積のご依頼・ご相談

tel.03-6417-1153受付時間 9:00-18:00
pagetop