お役立ちコラム

2022/03/29

ゴキブリが嫌いなもので効果的な対策を!環境・食べ物・臭いがポイント

多くの方が苦手とする「ゴキブリ」。
どうやって家のゴキブリ対策をしようかと、お悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
ゴキブリ対策では「ゴキブリが嫌いなもの」を利用するのがおすすめです。

ゴキブリが嫌いなものとしては
・明るい場所
・塩
・ハーブ
などが挙げられます。
こういったゴキブリが嫌いなものを上手く活用すれば、効果的なゴキブリ対策を行うことができるのです。

この記事では、ゴキブリが嫌いなものを、環境編・食べ物編・臭い編に分けてご紹介。
効果的なゴキブリ対策を分かりやすく解説します。

ゴキブリが嫌いなもので効果的な対策を!環境・食べ物・臭いがポイント

ゴキブリが嫌いなもの・環境編

ゴキブリにとって好ましくない環境的な条件をそろえることで、ゴキブリの被害を防ぐことができます。
ゴキブリが嫌う環境は、主に次の2点です。

➀暑さと寒さ

人間と同様にゴキブリにも生きていくのに適した温度があります。
ゴキブリは20度~32度の気温が生息しやすいと言われており、20度以下になると弱ってきたり、卵がふ化しなかったりします。

また、気温が32度以上になると、動きが鈍くなり、42度を超えると生存できなくなるのです。
夏場はゴキブリの活動がもっとも活発になる時期ですが、気温が高すぎるとゴキブリをあまり見かけなくなります。

②乾燥

ゴキブリは乾燥にも弱いです。
水分がなく、乾燥した状態の環境では生息できません。
室内でペットを飼われている場合は、ペット用の水にゴキブリが近寄ってくることがあるため、注意してください。
水分を含むものは、できるだけ放置しないようにすることが大切です。

ゴキブリの嫌いなもの・食べ物編

ゴキブリの嫌いな食べ物を活用するのも、効果的な対策です。
ゴキブリが苦手な食べ物の代表は、「塩」と「柑橘類」です。

塩をまく

ゴキブリは乾燥に弱いため、脱水症状を引き起こす塩を苦手としています。
ゴキブリが侵入しやすい箇所に塩をまいておくと、有効な侵入防止策になるでしょう。

柑橘系果汁をスプレーする

柑橘類の香りもゴキブリが苦手なものの一つです。
香りだけでなく果汁も苦手としており、果汁が体につくと動かなくなる場合があります。

柑橘系果汁を水に混ぜたものを霧吹きなどの容器に入れ、ゴキブリにスプレーすると効果的に退治することが可能です。
また、柑橘類の皮をゴキブリが通りそうな箇所に置いておくと、ゴキブリの侵入防止に役立ちます。

ゴキブリが嫌いなもの・臭い編

人間にとってはよい香りがするハーブとアロマですが、実はゴキブリは苦手としています。
ハーブとアロマを上手に活用すれば、ゴキブリを効果的に撃退することが可能です。

ハーブ

多くのゴキブリはハーブの香りを苦手としているため、ハーブを使ってゴキブリを撃退することが可能です。
ただし、ハーブが持っているのはゴキブリを「駆除」する効果ではなく、「忌避」する効果であることに注意してください。

ゴキブリがハーブを嫌う理由は、その成分にあります。
ハーブに含まれる「チモール」「リモネン」「オイゲノール」という成分が、強い抗菌作用・殺菌作用を発揮してゴキブリを寄せ付けないのです。

ハーブの種類によって、ゴキブリ撃退効果の程度は異なります。
・非常に効果が高いもの・・・スペアミント・日本ハッカ・クローブ
・ある程度効果が見込めるもの・・・レモングラス・ユーカリ
・効果がないもの・・・アニス・バニラビーンズ

アロマ

アロマの中には、ゴキブリ撃退に効果を持つものがあります。
ゴキブリは、ハッカ・ミントなどスーッとするタイプのアロマを苦手としています。
上記のようなアロマは人間にとってはよい香りがするのですが、ゴキブリにとっては刺激臭なのです。

ゴキブリが苦手とするアロマには以下のようなものがあります。
・ベチバー
・ハッカ
・ミント
・キャラウェイ
・シナモン
・ローズマリー
・ゼラニウム
・ラベンダー
・ユーカリ
・ローレル
・レモングラス

ゴキブリ対策のポイント

ゴキブリ対策では、「ゴキブリを寄せ付けないようにすること」が大事なポイントです。
ゴキブリは、人間の髪の毛・食べ物の残りかす・油・飲み物の残りなどをエサとします。
そのため、ゴキブリが部屋に出ないようにするには、小まめに掃除を行い、室内を清潔な状態に保つことが重要です。

また、ゴキブリは日当たりが悪く狭い環境を好むため、日中はできるだけ窓を開けて日光を取り込むように心がけ、風通しよくしておきましょう。

まとめ

以上、ゴキブリが嫌いなものを活用したゴキブリ対策について解説いたしました。
ゴキブリが嫌いなものを上手に使うと、ゴキブリを撃退することができますが、効果としてはあくまで「忌避」が中心です。
そのため、本格的に駆除するには、殺虫剤を使用したり、害虫駆除業者に依頼したりする必要があります。
ゴキブリが嫌いなものを活用する方法は、あくまでゴキブリ対策の補助手段ととらえてくださいね。

もし害虫でお悩みの方がいらっしゃいましたら、「808シティ株式会社」にぜひご相談ください。
弊社は、東京・神奈川・埼玉で害虫駆除・鳥獣対策を行っております。
安心安全な施工方法・柔軟な料金設定・豊富な情報に基づいた高い技術で、お客様にご満足いただけるサービスをご提供いたします。

→害虫駆除は808シティにお任せください

関連記事

  • ダニ対策は何をすべき?被害に遭わないためにできることは?ダニ対策は何をすべき?被害に遭わないためにできることは? 家にいるダニは1種類というわけではなく、種類によって特徴や人に与える被害に違いがあることを、以前コラム「ダニによる害とはどんなもの?ダニの種類と特徴についても詳しく解説」で紹介しました。 今回はダニの被害に遭わないためにできる対策について解説します。 ダニの被害でお悩みの方 […]
  • 【放置は危険!】自分でできるネズミ退治法おすすめ6選【放置は危険!】自分でできるネズミ退治法おすすめ6選 屋根裏から何かの走る音がしたり、家の中に置いていた物が勝手になくなっていたりしたら、それはネズミの仕業かもしれません。少しでもおかしいと感じたら、まずは自分でできるネズミ退治をやってみましょう。 この記事では自分でできるネズミ退治の6つの方法と、退治後の後始末についてご紹 […]
  • ゴキブリは生き返る?効果的な対策と出現を防ぐポイントをご紹介!ゴキブリは生き返る?効果的な対策と出現を防ぐポイントをご紹介! ゴキブリをなんとかやっつけて処分しようとしたら、急に動き出してビックリしたことはありませんか? こんな時「死んだはずのゴキブリが生き返った」と恐怖を感じてしまうものです。 実はゴキブリは知能が高く、「死んだフリ」をすることがあります。 ゴキブリ退治での失敗を避ける […]
  • 害獣駆除は自分でできる?業者へ依頼するポイントとは害獣駆除は自分でできる?業者へ依頼するポイントとは 庭や畑、家の屋根裏を荒らす害獣、さまざまな対策をしても被害が収まらず困っていませんか? 害獣はダニやウイルスを持っているため、放置しておくと健康被害の影響を与えかねません。 また、勝手に捕獲してしまうと、法律違反となり罰金を課せられる可能性もあるので気をつけましょう。 今 […]
  • 害虫駆除とは?失敗しない業者の見極め方と依頼方法害虫駆除とは?失敗しない業者の見極め方と依頼方法 どんなに新しい家でも、害虫は室内に侵入します。 虫は種類によって生体が異なるため、各特徴に合わせて駆除しなくてはいけません。 また、ゴキブリは繁殖力が高いため、1匹駆除しても次から次へと室内で見かける可能性があります。 害虫は見た目の気持ち悪さだけではなく、ときに健康へ悪 […]
  • 【畑の害虫】テントウムシダマシの特徴とは?卵の見分け方と駆除方法【畑の害虫】テントウムシダマシの特徴とは?卵の見分け方と駆除方法 テントウムシの仲間「テントウムシダマシ」という種類をご存じですか?ダマシと付く通り、テントウムシに見た目がそっくりな昆虫です。しかしテントウムシはアブラムシを食べるのに対し、テントウムシダマシは植物の葉を食べてしまいます。テントウムシダマシは、農家さんや家庭菜園を楽しまれる方に […]
東京・神奈川・埼玉を中心とした害虫駆除・鳥獣対策は808シティにお任せください

area対応エリア

東京・神奈川・埼玉を中心とした関東圏から、
大阪を中心とした関西圏など、広域にわたって対応しております。
どの地域の方も、まずはご相談ください。

関東圏
東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、静岡、山梨

関西圏
広島、岡山、兵庫、大阪、京都、奈良、滋賀、三重、和歌山

現地調査・無料見積のご依頼・ご相談

tel.03-6417-1153受付時間 9:00-18:00
pagetop